古文辞学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古文辞学(こぶんじがく)とは、江戸時代に興った荻生徂徠に始まる儒教古学の一派。蘐園学派(けんえんがくは)または徂徠学とも。江戸時代中後期に盛んとなった。学問的には朱子学を批判し、伊藤仁斎古義学に対抗した。

または、その荻生徂徠に影響を与えた、明代李攀竜古文辞派擬古派)が提唱した復古的な文学運動。模範とする古典期、に求めた。→中国文学#明代

人物[編集]

関連項目[編集]