上杉慎吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上杉 慎吉
人物情報
生誕 (1878-08-18) 1878年8月18日
日本の旗 日本 福井県
死没 (1929-04-07) 1929年4月7日(50歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学法学部
両親 父:上杉寛二
学問
特筆すべき概念 天皇機関説論争
影響を
受けた人物
ゲオルグ・イェリネック
穂積八束
影響を
与えた人物
帝大七生社国本社など右翼活動家全般
テンプレートを表示
多磨霊園にある上杉慎吉の墓

上杉 慎吉(うえすぎ しんきち、1878年明治11年)8月18日 - 1929年昭和4年)4月7日)は、明治後期から昭和初期にかけての日本憲法学者天皇主権説を主張する君権学派(神権学派)であり、天皇機関説と激しい論争を展開した。

人物[編集]

上杉寛二は元大聖寺藩(現、石川県加賀市藩医

旧制四高補充科予科、旧制四高[1]を経て、1898年東京帝国大学法学部に進学、憲法学教授で天皇主権主義の穂積八束に師事して憲法を学んだ。1903年東京帝国大学法学部政治学科卒業(恩賜の銀時計を授与される)、同年には同大学助教授に就任した。この頃の上杉はキリスト教に傾倒したり、1905年に公刊した『帝国憲法』・翌1906年に発表した『比較各国憲法論』では国家法人説の立場に立ち師の穂積説を批判する立場だったが、同年から1909年までドイツへ留学(「西遊研学」)し国家法人説を唱えていたゲオルク・イェリネックの指導を受けて以降は穂積説の後継者を自任するようになった。陸軍大学校海軍大学校の教授も務め、皇族にも進講し、同僚の筧克彦は「勅奏任の行政官にして教授の憲法学説に親まざる者殆んど悉無といふべし」と評している[2][3]

1910年代に入ると「天皇即国家」[4]「神とすべきは唯一天皇」「天皇は絶対無限」「現人神[5]とする立場から同じく東京帝国大学の美濃部達吉が打ち出した天皇機関説を批判するようになる(天皇機関説論争)。陸軍のボスである山縣有朋と接触し[6]、1913年には上杉を発起人兼幹事に大島健一江木千之杉浦重剛、筧克彦[7]桐花学会を創設[8]1916年吉野作造民本主義を批判、1920年には森戸辰男の発表した論文「クロポトキンの社会思想の研究」を「学術の研究に非ず、純然たる無政府主義の宣伝」[9]と排撃して森戸事件を起こす一方、1923年から後に「資本論の会」や葬儀に参加するほど高畠素之と親交を深めて高畠一派と経綸学盟を設立するなど国家社会主義運動を進め、1926年には建国会の会長に就任(顧問は平沼騏一郎頭山満荒木貞夫、理事長は赤尾敏、書記長は高畠門下の津久井竜雄)。甘粕事件甘粕正彦の擁護から軍部の石光真臣福田雅太郎、山縣有朋とも結びついた[10]

右翼思想への影響[編集]

上杉の学説を熱心に支持する学生達は国家主義の先駆けとなる木曜会を形成して右翼学生運動の源流となり[11]、1918年に上杉の影響下[12]でつくられた興国同志会は後に上杉の弟子[13]竹内賀久治太田耕造によって国本社と改めて平沼騏一郎や東郷平八郎ら軍や政財官界の有力者を担ぐ巨大な右翼団体となり、1925年に結成された帝大七生社はのち4人の七生社メンバーが1932年に起きた血盟団事件で犯行グループに参加した(このうち四元義隆池袋正釟郎久木田祐弘金鶏学院の塾生)。教え子の岸信介(木曜会・興国同志会会員[14])と安岡正篤に大学で自らの講座の後継者として残るようにすすめたが[15]、両者は官界に進んだ。興国同志会会員だった蓑田胸喜は上杉と同じように機関説を排撃する国体明徴運動で名を馳せ、国体擁護連合会の中心的存在となった。また、上杉の教え子の中には、内務省特別高等警察に務める者も少なくなく、1930年代から敗戦に至るまで、治安維持法に基づく国民の弾圧・粛清を通じて、上杉が理想としていた天皇主権絶対君主制の確立に努めた。

著書[編集]

  • 『新稿帝国憲法 -- 第1編/国家/第2編/国体』(有斐閣、1922年)
  • 『新稿帝国憲法 第2編 国体』(桜耶書院、2015年)ISBN-978-4907529161

家族[編集]

上杉正一郎ら二人の息子は日本共産党員である[16]。 長男は上杉正一郎(統計学、東京経済大学教授)、次男は上杉重二郎(労働運動史、北海道大学教授)。

脚注[編集]

  1. ^ 『近現代人履歴事典』 秦郁彦 より。
  2. ^ 立花隆著『天皇と東大 上』430頁
  3. ^ 『上杉先生を憶ふ』、七生社、1930年
  4. ^ 上杉慎吉『帝国憲法講義 : 国民教育』147頁
  5. ^ 上杉慎吉『皇道概説』国家学会雑誌27巻1号71-2頁56-7頁, 1913年
  6. ^ 平沼騏一郎『平沼 騏一郎回顧録』p34
  7. ^ 立花隆著『天皇と東大 上』432頁
  8. ^ 吉田博司『近代日本の政治精神』芦書房、1993年
  9. ^ 立花隆著『天皇と東大 上』429頁
  10. ^ 立花隆著『天皇と東大 上』437~442頁
  11. ^ 司法省刑事局『思想研究資料 最近に於ける右翼学生運動に付て』(社会問題資料研究会)昭和15年5月
  12. ^ 蓑田胸喜『共産主義思想の検討』日本協会出版部、1941年
  13. ^ 立花隆著『天皇と東大 上』470頁
  14. ^ 中谷武世『昭和動乱期の回想』
  15. ^ 立花隆著『天皇と東大 上』444頁
  16. ^ 大内力『埋火 大内力回顧録』御茶の水書房、2004年

参考文献[編集]

  • 長尾龍一『日本憲法思想史』(講談社[講談社学術文庫]、1996年)(60頁~141頁「三 上杉慎吉伝」)
  • 原田武夫『甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊』(講談社、2014年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]