古手川伸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古手川 伸子(こてがわ のぶこ、1962年3月22日 - )は、元女優大分県出身。姉は女優の古手川祐子。姪(姉の長女)も女優の綾那

来歴・人物[編集]

文化女子大学短期大学部[1] を卒業後、音響メーカーで2年間のOL生活をする。1984年3月に退社し、姉の身の回りの手伝いをしながらオーディションを受け、フジテレビで同年6月からの生放送「オリンピックを100倍楽しむ法」で海外リポーターとしてデビューする。その後「クイズ地球どんぶり」などのリポーターを務めたあと、1986年日本テレビ妻たちの課外授業II」で女優として初のレギュラー出演となる。

舞台「真砂屋お峰[2] 」「京都物語」などに出演している。

1995年に、芸能界を引退する。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

脚注[編集]