小島慶子 キラ☆キラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小島慶子 キラ☆キラ
ジャンル ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 2009年3月30日 - 2012年3月30日
放送時間 平日 13:00 - 15:30(JST
放送回数 784
放送局 TBSラジオ
パーソナリティ 小島慶子
出演 (月)ビビる大木
(火)神足裕司
(水)宇多丸
(木)ピエール瀧
(金)水道橋博士
ほか
プロデューサー 石垣富士男TBSラジオ
ディレクター (月)宮嵜守史
(火)阿部千聡
(水)御舩陽平
(木)小塙治男
(金)秋山しゅん
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

小島慶子 キラ☆キラ』(こじまけいこ キラキラ)はTBSラジオ2009年3月30日から2012年3月30日まで放送されていた生放送ワイド番組

概要[編集]

毎回テーマを決めて、リスナーからメールなどを募集。そのメールなどでスタジオにいる2人(小島慶子と曜日別男性パートナー)が話をする番組。

いくつかのコーナーではポッドキャスト配信を行っていた。また、聴取率調査週間ではストリーミング放送を実施していた[1]

前番組の『ストリーム』から「サウンドパティスリー」のコーナーのほか、『ドライバーズ・リクエスト』や『日本列島ほっと通信』など、大半のミニ番組を放送時間帯も含めて継承している。

小島慶子の降板・番組終了[編集]

2009年10月度の聴取率調査では、当番組初の同時間帯単独首位を記録。2010年4月度の聴取率調査で、再び単独首位を記録した。その後は『大竹まこと ゴールデンラジオ!』の後塵を拝することになるが[要出典]、特に「40代~50代の自営業の男性」に弱かったことが小島の降板・番組終了につながった。

2012年1月26日の本番組冒頭、小島は、前年末までに降板を申し入れ、3月末をもっての降板が了承されたことを明かした。小島によると、新たなリスナーの獲得などを求める局側からの「40~50代の自営業の男性に共感を得られる話をしてほしい」との要望に対し、小島の考えは「ちょっとしたことでも喜んでくれる人がいたらと、 今、聴いている人に話しかけている。聴いていない人を呼び込む話はできない。局の求める役割と私のできることは違う」というものだったという[2]

また、小島は番組を「卒業」と言われることに対して嫌悪するコメントもしているため、番組内では「降板」という言葉を自ら使っていた。

2012年3月30日を以って最終回を迎えた。2012年4月から赤江珠緒(月 - 木曜、フリーアナウンサー)、小林悠(金曜、TBSアナウンサー)をパーソナリティに起用した『たまむすび』が放送開始された[3]

出演[編集]

パーソナリティ[編集]

代理パーソナリティ[編集]

小島が休みの回は、タイトルコール「小島慶子 キラ☆キラ」の「小島慶子」の部分がなくなる。「○○ キラ☆キラ」(○○は代理パーソナリティの氏名)となる場合もある。脚注に注釈のない場合は1週間の長期休暇中に担当。

  • 外山惠理(TBSアナウンサー、2009年9月21日、2010年3月16日、同年8月5日、同年9月16日、同年12月30日、2011年8月10日)
  • 伊藤聡子フリーアナウンサー、2009年9月22日)
  • 安東弘樹(TBSアナウンサー、2009年9月23日)
  • 駒田健吾(TBSアナウンサー、2010年3月15日)
  • 久保田智子(TBSアナウンサー、2010年3月17日、同年8月2日)
  • 岡村仁美(TBSアナウンサー、2010年3月18日、2011年12月27日)
  • 木村郁美(TBSアナウンサー、2010年3月19日、同年8月6日、同年12月28日、同年12月31日、2011年8月12日)
  • 竹内香苗(TBSアナウンサー、2010年8月3日、同年12月29日)
  • 豊田綾乃(TBSアナウンサー、2010年8月4日、2011年8月8日、2012年2月7日[4]
  • 蓮見孝之(TBSアナウンサー、2010年12月27日)
  • 竹内久乃(フリーアナウンサー・TBSニュースバード専属キャスター、2011年1月21日[5]、2011年12月2日[6]
  • 笹岡樹里(フリーアナウンサー・TBSニュースバード専属キャスター、2011年1月24日[7]
  • 小川知子(TBSアナウンサー、2011年8月9日)
  • 山田愛里(TBSアナウンサー、2011年8月11日、2012年2月9日[4]
  • 中田エミリー(フリーアナウンサー、2011年12月1日[8]
  • 佐藤渚(TBSアナウンサー、2011年12月26日)
  • 江藤愛(TBSアナウンサー、2011年12月28日[9][10]
  • 水野真裕美(TBSアナウンサー、2011年12月29日[11]、2012年2月8日[4]
  • 秋沢淳子(TBSアナウンサー、2011年12月30日)
  • 小林悠(TBSアナウンサー、2012年2月10日[4]

パートナー[編集]

代理パートナー[編集]

コラムニスト[編集]

15時台「コラ☆コラ」に出演する。

過去のコラムニスト[編集]

  • 木曜日:岡野宏文(本、2009年4月2日 - 同年9月24日)
  • 月曜日:小林信也(スポーツ、2009年3月30日 - 2010年3月29日)
  • 火曜日:上杉隆(時事問題、2009年3月31日 - 2011年3月29日)

代理コラムニスト[編集]

  • 堀井憲一郎(2009年7月7日、上杉の代理)
  • 武田一顯(2010年6月22日、上杉の代理)
  • 三宅隆太(2010年8月4日、西寺の代理)

番組終了時のタイムテーブル[編集]

※印のコーナーはポッドキャスト配信を実施。括弧内の人名はそのコーナーのみの主な出演者。

  • 13:00 オープニングトーク(1)
  • 13:05頃 オープニング音声⇒ 改めて挨拶⇒オープニングトーク(2) ※
  • 13:20 ニュース・交通情報
  • 13:27 ジャパネットたかたラジオショッピング
  • 13:35 パートナーズ☆コラム「ペラ☆ペラ!」 ※
  • 13:47 ドライバーズ・リクエスト帆足由美
  • 13:54 交通情報・天気予報
    • 天気予報はこの時間のみウェザーマップの気象予報士が伝える。2009年10月2日までは13:23にも天気予報のコーナーがあり、当時気象予報士はその時間に出演していた。
  • 13:57 キラ☆キラdeお大尽
  • 14:00 メールでキラ☆キラ
  • 14:20 ニュース・交通情報
  • 14:30 キラ☆キラスペシャル
    • 月曜日:協会けんぽ キラ☆キラ 健康サポート(2010年4月5日 - )
    • 火曜日:アネキとオジキとこうたりんのヘルシークッキング(石黒彩、2011年4月5日 - )
      • 神足裕司が病気療養のため、2011年10月現在「アネキと慶子のヘルシークッキング」とタイトルが変わっている。
    • 水曜日:ドコモキラ☆キラ中継局(2011年10月5日 - )
    • 木曜日:キラ☆キラ 気が利くトーク(2010年7月1日 - )
      • 当初は小島慶子と小島奈津子が子育てについてトークするコーナーだったが、2010年9月30日をもって小島奈津子が降板。翌週10月7日は通常のメール紹介の場となり、その翌週の10月14日から同年10月28日までは、「キノコのおじさん」こと当番組構成作家の佐藤研が、キノコにまつわる情報を小島慶子と瀧に紹介するコーナーとなった。佐藤降板後の同年11月4日から2011年9月29日までは小島慶子と小竹貴子の料理コーナーとなり、同年10月6日からは小竹の後任として浜谷千波が出演している。
      • 小島奈津子はこのコーナー出演後、『噂の!東京マガジン』の収録をしていた。
    • 金曜日:キラ☆キラ ぎゅぎゅっと新潟(中田エミリー、2011年10月7日 - )
  • 14:44 日本列島ほっと通信江藤愛
  • 14:52 交通情報・天気予報・ダイヤル119番
  • 15:00 コラ☆コラ ※
    • コラムニストの出演が早くに終了し時間が余った場合、残りの時間はメールを紹介するか推薦曲をかける時間となる。
  • 15:22 エンディング

過去のコーナー・ミニ番組[編集]

  • 14:30 いいトコ!みやぎ(火曜日、小林豊、 - 2010年3月30日)
    • 『ストリーム』から続いていたミニ番組の1つ。放送開始は2007年4月。
  • 14:30 キラ☆キラ ミルクラボ(木曜日、竹内冨貴子ほか、2010年3月4日 - 同年6月3日)
  • 14:30 キラ☆キラ フグ講座 キラチリ(火曜日、坂本咲子、2010年12月7日 - 2011年1月25日)
  • 14:30 ズバリ!競馬情報(金曜日、宮澤隆、 - 2011年3月25日)
  • 14:30 キラ☆キラ 温かな食卓(火曜日、2011年3月1日 - 同年3月29日)
  • 14:30 あんしん財団 キラ☆キラ 企業応援隊(水曜日、 - 2011年3月30日)
    • 『ストリーム』から続いていたミニ番組の1つ。ストリーム時代のタイトルは「いきいき企業応援隊」。
  • 14:30 ホットな気持ちdeかごしま茶
    • 林家彦いちと桂竹丸により2010年4月6日から同年9月28日までの火曜日に放送されていた。2011年4月8日から同年9月30日までは金曜日のコーナーとして復活した。出演は米粒写経の居島一平。
  • 14:57 赤坂ブロガー祭り ※
    • 2009年4月2日から同年12月3日までは木曜日の「キラ☆キラスペシャル」内で、同年12月9日から2010年3月23日までは週に1回上記の時刻に放送されていた。
  • 15:00 サウンドパティスリー ※ - 2011年4月1日)
    • 『ストリーム』から9年続いた音楽紹介コーナー。放送開始は2002年10月。『キラ☆キラ』では音楽の紹介とともにコラムコーナーとして放送されていた。
    • 2010年4月2日までは、コラムニストが出演する前に小島とパートナーがお菓子を食べる時間が設けられていた。
    • 2011年4月4日からはコラムコーナー「コラ☆コラ」にリニューアルした。
    • 音楽の紹介というコンセプトのミニ番組『サウンド・キャッチ』が『サウンドパティスリー』の終了と同じ時期の2011年4月4日から放送開始している。
  • 15:18 サッポロビール ケンタロウのおいしいラジオ(ケンタロウ、 - 2010年4月2日)
    • 『ストリーム』から続いていたミニ番組の1つ。放送開始は2002年4月。

脚注[編集]

  1. ^ 聴取率調査週間以外で実施した例として、2011年3月14日から4月30日までの期間に、3月11日に発生した東日本大震災を受けての緊急措置として実施している。
  2. ^ “小島慶子『局の求める役割違う』降板語る”. 日刊スポーツ. (2012年1月27日). http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20120127-895293_m.html 2015年7月5日閲覧。 
  3. ^ “ラジオ降板小島慶子の後任は赤江珠緒アナ”. 日刊スポーツ. (2012年2月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120211-902060.html 2012年4月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d 小島がインフルエンザによる発熱で出演を見合わせたため代理出演。
  5. ^ 小島がインフルエンザによる発熱で出演を見合わせ代理出演。なお、2010年12月3日には、風邪で喉の調子が悪く声が出ない小島の代わりに、14時から呼ばれて投稿読みを務めている。
  6. ^ 風邪で喉の調子が悪く声が出なくなった小島の代理出演。
  7. ^ 小島が前週末に罹患したインフルエンザの回復が思わしくないため出演を見合わせ代理出演。
  8. ^ 風邪で喉の調子が悪く声が出なくなった小島の代理出演。2011年10月7日から金曜日14時台の「キラ☆キラ ぎゅぎゅっと新潟」のコーナーを担当している。
  9. ^ 2011年4月4日から本番組に内包されている「日本列島ほっと通信」の担当。
  10. ^ 当日、オフである小島はテレフォンショッキング(『笑っていいとも!』)にゲスト出演した。
  11. ^ これ以前に放送中の飛び入り出演が2回ある(2010年3月11日、2011年2月16日)。
  12. ^ 神足は、以前『BATTLE TALK RADIO アクセス』でも小島とコンビを組んだことがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSラジオ 平日13:00枠
前番組 番組名 次番組
ストリーム
(2001.10 - 2009.3)
小島慶子 キラ☆キラ
たまむすび
(2012.4 - )