宮澤隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みやざわ たかし
宮澤 隆
(宮沢 隆)
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都杉並区
生年月日 (1952-10-08) 1952年10月8日(66歳)
血液型 AB型
最終学歴 成蹊大学経済学部
勤務局 東京放送(1975年4月 - 2009年3月)
TBSテレビ(2009年4月 - 2012年10月。企業グループ再編に伴う転籍)
職歴 アナウンサー
アナウンスセンタースポーツ班デスク
アナウンス部業務担当部長
編成局アナウンス部担当局次長兼TBSラジオ&コミュニケーションズ編成業務局編成部
など
活動期間 1975年 -
ジャンル スポーツ
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 競馬中継(ラジオ)
過去 プロ野球中継
ボクシング中継
アップルシティ500
小島慶子 キラ☆キラ
お父さんのための馬講座
など

宮澤 隆(みやざわ たかし、1952年10月8日 - )は、TBS(東京放送TBSテレビ[1]アナウンサー1975年4月 - 2012年10月)。TBSテレビ編成局アナウンス部担当局次長兼TBSラジオ&コミュニケーションズ編成業務局編成部(2012年10月)。身長は170cm。血液型はAB型。「宮沢 隆」と表記する場合もある[2]

来歴・人物[編集]

東京都杉並区出身[3]東京都立九段高等学校[3]成蹊大学経済学部[3][4]を卒業後、1975年4月に東京放送へ入社(アナウンサー第15期生。同期は松下賢次[5]2004年10月には社内再編により他のアナウンサーとともにTBSテレビへの出向社員となり[6]2009年4月持株会社化[1]に伴い、正式にTBSテレビの社員となる。

その間、アナウンスセンタースポーツ班デスク[7]、アナウンス部業務担当部長を務めた。その後、TBSテレビ編成局アナウンス部担当局次長兼TBSラジオ&コミュニケーションズ編成局編成部を経て、2012年10月1日付でTBSテレビ編成局アナウンス部担当局次長兼TBSラジオ&コミュニケーションズ編成業務局編成部となる[8]

アナウンサーとしては同期の松下と同じく、主にスポーツ実況(野球競馬バレーボールボクシングモータースポーツなど)を担当。1988年ソウルオリンピックでは、男子マラソン・陸上・ボクシング・バレーボール・重量挙げの実況を担当した。

2000年代以降、ラジオの競馬中継を除きスポーツ実況の最前線からは退き、若手の育成にあたっていたほか、TBSアナウンススクールスーパーバイザー[9]やアナウンサー採用試験の面接官も担当。

2012年10月末で定年退職[10][11]。定年後は競馬をはじめラジオ番組の制作に携わることを明らかにしている[11]。また、TBSアナウンススクール特別講師へ就任[12]。 2016年10月3日放送のたまむすびに出演した時には「こども音楽コンクール事務局長の宮澤でございます」と自己紹介した。

宮澤と競馬[編集]

少年時代に見始めて以来の競馬好き[13]であり、プロフィールの趣味欄にサラブレッドの撮影[4]や牧場見学[4][7]をあげた事もある。親交のある競馬評論家阿部幸太郎は、「歩く競馬四季報[14][15]「歩く人間競馬四季報」[16]とも呼んでいる。

また、入社試験で架空の競馬実況を披露し合格に至ったというエピソードがあり[15]、入社後もラジオ番組内の競馬予想コーナーやテレビの競馬情報番組で架空実況(仮想・予想実況)を行っている[17]。『小島慶子 キラ☆キラ』担当時、同番組レギュラーである水道橋博士の要望によりニコニコ動画へ実況模様を収録した動画が配信された[18]。2012年1月12日にTBSラジオで放送の『ザ・トップ5』へゲスト出演した際も、架空実況を披露した[19]。 前述の2016年10月のたまむすびではトウショウボーイが制した1977年の宝塚記念を"再現実況"した[20]

担当番組[編集]

ラジオ[編集]

  • スポーツ中継
  • 日曜競馬メモリー(1977年)[5]
  • 歌謡曲ナイトスペシャル(1978年)[5]
  • 夜はこれから(1988年)[5]
  • マンデー・ナイトベースボール(1992年)[5]
  • ズバリ!競馬情報(平日昼帯ワイド内コーナー。2000年[21][22]から2011年3月25日[23]まで12年にわたり[23]、以下の番組で金曜日に放送された。先述の架空実況も行っていた)
    • 松尾雄治のピテカンワイド(当時のコーナー名は『ズバリ!ピテカン競馬情報』[21]
    • ストリーム(『ストリームスペシャル』金曜日)
    • 小島慶子 キラ☆キラ(『キラ☆キラスペシャル』金曜日)

テレビ[編集]

脚注[編集]

※インターネットアーカイブの保存キャッシュへのリンクも含む。

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2001年9月まではラジオテレビ兼営局だったが、その後ラジオ・テレビともに子会社として分社化された(ラジオは2001年10月に「TBSラジオ&コミュニケーションズ」へ、テレビは2009年4月に「TBSテレビ」へそれぞれ移行)。東京放送はテレビの分社とともに持株会社・「東京放送ホールディングス」となり、「TBS」の呼称もTBSテレビの略称として継承された。
  2. ^
    • 『TBS社報』NO.432の12ページ。
    • 1999年10月頃から2001年頃までのTBSホームページ内プロフィールページ。
    • 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のデータベース(「ラジオ番組」→「出演者別リスト」→「み」→「宮沢隆」節)
  3. ^ a b c 外部リンク(TBSホームページ内プロフィール)を参照。
  4. ^ a b c 『週刊読売』1985年10月20日号掲載のアナウンサー名鑑(p.132)より。
  5. ^ a b c d e f g h 『TBSアナウンサーの動き』を参照。
  6. ^ 参考:TBS社員7割子会社出向…安住、小倉アナも - 『ZAKZAK』2005年1月21日付
  7. ^ a b 外部リンク(1998年のTBSホームページ内プロフィール)。
  8. ^ 入江社長が編成業務局担当、営業統括局長浅井取締役ら=TBSラ、1日付で役員担務・組織改正・人事 - 『連合通信ドットコム』放送業界速報ニュース 2012年10月3日付。
  9. ^ TBSアナウンススクールスーパーバイザーとして紹介されていたページ(インターネットアーカイブ2009年3月7日付保存キャッシュより)
  10. ^ 参考:TBS「アナウンスBoo!!(アナウンサー通信)」:秋沢淳子の『にっぽんワン!!だぁ報ぉ〜♪』/2012年11月1日の記事(外部リンク)より、前日に、宮澤が定年を迎えたことから、局内の食堂でお別れ会を開いた事が記されている。また、東京ニュース通信社発行の『TVスター名鑑』シリーズでも、2012年版(2011年10月26日発売。ISBN 4863361769)まで掲載されていたプロフィールが2013年版(2012年11月1日発売。ISBN 4863362722)では除外された。
  11. ^ a b 2012年11月に更新されたTBSホームページ内プロフィールページのメッセージ。
  12. ^ TBSアナウンススクールウェブサイト内講師・アドバイザー一覧
  13. ^ 外部リンク(過去のTBSホームページ内プロフィール)より、「競馬を見続けて40年」(1999年当時)・「競走馬を生で見るようになって40年。」(2000年12月当時)という記述が見られる。
  14. ^ 右に出る人はなし!競馬中継でボリューム全開・大声、絶叫型のアナウンサー!!(^o^)/ - 『アベコーのハッピー競馬』2010年7月23日付エントリより。
  15. ^ a b ああ!有馬記念ラプソディー2010・戦前戦後 - 『アベコーのハッピー競馬』2011年1月5日付エントリより(リンク先は、インターネットアーカイブ2012年4月11日付保存キャッシュ)。
  16. ^ 激戦の「ダービー特番!」TBSラジオ・5月27日(金)20時スタート!! - 『アベコーのハッピー競馬』2011年5月27日付エントリより。
  17. ^ 本命は「あしたのG」…ダービーは、この番組に乗れ! - 『ZAKZAK』2004年5月28日付
  18. ^ ズバリ!競馬情報の動画 - 『小島慶子 キラ☆キラ』公式ブログ2009年4月22日付エントリより(リンク先は、インターネットアーカイブ2009年6月23日付保存キャッシュ)。
    • ズバリ!競馬情報 - ニコニコ動画より(2009年4月21日 21:26投稿。上記エントリより、リンク。視聴するには、アカウントが必要)。
  19. ^ 2012/1/12(木)放送後記 - 『ザ・トップ5』公式ブログ2012年1月12日付エントリ。
  20. ^ 2016/10/3これぞ職人芸!「競馬の再現実況」炸裂 - 『たまむすび』放送後期
  21. ^ a b 2000年10月付TBSラジオ番組表 - 『ラジオ東京スピリッツ』内PDFファイル。
  22. ^ 2000年12月当時のTBSホームページ内プロフィール(インターネットアーカイブ2000年12月2日付保存キャッシュ) - 同キャッシュより、現在担当している番組として“競馬実況「松尾雄治ピテカンワイド(競馬コーナー)」(金)13:00〜15:30”と明記(“”内引用)。
  23. ^ a b 『小島慶子 キラ☆キラ』公式ブログアーカイブ2011年3月分6ページ(最終回が放送された『小島慶子 キラ☆キラ』2011年3月25日放送分の後記の内、同日18時11分更新『3月25日(金)「工夫してみました。代用品報告会」』を参照) - 『小島慶子 キラ☆キラ』公式サイト内(リンク先は、インターネットアーカイブ2012年4月11日付保存キャッシュ)。
  24. ^ 参考リンク:

参考資料[編集]

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 付録のDVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録されたPDFファイル
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
      • 『TBS社報』NO.432(1976年7月12日発行)掲載記事『TBS紳士録』(TBSに勤務する社員を各部署別に紹介した記事)の再録
  • 各種外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

以下、過去にTBSホームページ内で掲載されたプロフィールページのインターネットアーカイブ内保存キャッシュ。