日本列島ほっと通信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本列島ほっと通信
ジャンル 情報番組
放送方式 録音(事前収録)
放送期間 1993年10月4日 - 2012年3月30日
放送時間 ネット局を参照
放送局 日本の旗 日本 TBSラジオ
制作 テレコム・サウンズ
ネットワーク 日本の旗 日本 JRN
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 KZOO
らじこんインターネットラジオサイト)
パーソナリティ 江藤愛
提供 聖教新聞社
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

日本列島ほっと通信(にほんれっとうほっとつうしん)は、1993年10月4日[1]から2012年3月30日まで、日本TBSラジオ(2001年9月までは東京放送ラジオ部門[2])をキー局に、日本全国のJRN系列局で平日午後に放送されていた情報番組[3]テレコム・サウンズの制作により[4]、事前に録音したもの(MO[5])を各局へ納品する形[5]で放送されていた。

アメリカ合衆国ハワイ州の日本人・日系人向けラジオ局KZOOでも放送していたほか、2010年10月4日放送分よりインターネットラジオサイト「らじこん」でも音源が配信された。

スポンサーは、聖教新聞社一社提供[6][7]2008年9月24日には、放送開始15周年を迎えることから、TBSラジオがスポンサーへ感謝状を贈呈した[7]

一部資料では、「日本列島ホット通信」と表記[8][9]

概要[編集]

週代わりによる一つのテーマに沿って毎日日本全国の行事や風物詩などに対しインタビューを行う。開始から2003年9月までは5分[10][11][12]または7分枠(2001年4月以降[13][14][15]だったが、2003年10月から9分[16]または10分枠となった[17][18]。パーソナリティが下角陽子になってからはオープニングとエンディングにその回のパーソナリティのコメントが付いていたが、2010年10月以降撤廃された。

2008年9月29日の19:00 - 20:00には、番組開始15周年を記念して、『日本列島ほっと通信15周年スペシャル〜声を訪ねて ふるさとの旅』(にっぽんれっとうほっとつうしん15しゅうねんスペシャル こえをたずねて ふるさとのたび)と題した特別番組が放送された[19]

2012年3月30日をもって放送終了。18年半の歴史に幕を閉じた。

パーソナリティ[編集]

ネット局[編集]

※特記ない限り終了当時の情報。放送時間の早い順から記載。

放送対象地域 放送局名 放送時間 備考
関東広域圏 TBSラジオ 14:44 - 14:52[23] 製作局
小島慶子 キラ☆キラ』内
山梨県 山梨放送(YBS) 12:20 - 12:30
宮城県 東北放送(TBC) 12:35 - 12:45 ランチボックス-L』内
広島県 中国放送(RCC) 12:40 - 12:50
静岡県 静岡放送(SBS) 12:45 - 12:53
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 12:45 - 12:55
青森県 青森放送(RAB) 13:15 - 13:24 あおもりTODAY』内[24]
長野県 信越放送(SBC) 13:15 - 13:25
愛媛県 南海放送(RNB)
大分県 大分放送(OBS) 13:25 - 13:35
鹿児島県 南日本放送(MBC) 13:30 - 13:40
熊本県 熊本放送(RKK) 13:35 - 13:45
石川県 北陸放送(MRO) 13:45 - 13:55 げつきんワイド!おいね★どいね』内
福岡県 RKB毎日放送(RKB) 14:25 - 14:35 エンタメバラエティ THE☆ヒット情報』内
近畿広域圏 朝日放送(ABC) 14:30頃 - 14:40[25][11] 現・朝日放送ラジオ 『ABCパワフルアフタヌーン』内
北海道 北海道放送(HBC) 14:35 - 14:45 カーナビラジオ午後一番!』内[26]
高知県 高知放送(RKC) 『ワローのごきげんワイド』内
秋田県 秋田放送(ABS) 14:40 - 14:50 ごくじょうラジオ』内
香川県 西日本放送(RNC) 気ままにラジオ 雨の日晴れの日曇りの日』内
沖縄県 琉球放送(RBC)
岡山県 山陽放送(RSK) 14:46 - 14:54 ごごラジViViッと!』内
福井県 福井放送(FBC) 14:50 - 15:00 午後はとことん よろず屋ラジオ』内
山口県 山口放送(KRY) お昼はZENKAI ラヂオな時間』内
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 15:15 - 15:24 現・CBCラジオ 『ごごイチ』内
福島県 ラジオ福島(rfc) 15:15 - 15:25
長崎県
佐賀県
長崎放送(NBC)
NBCラジオ佐賀
満腹ワイド ラジDONぶり』内
新潟県 新潟放送(BSN) 15:25 - 15:34
和歌山県 和歌山放送(wbs) 15:45 - 15:55
徳島県 四国放送(JRT) 15:46 - 15:54 『となりのラジオ』内
富山県 北日本放送(KNB) 16:00 - 16:10
島根県
鳥取県
山陰放送(BSS) 16:10 - 16:20
山形県 山形放送(YBC) 16:15 - 16:25[27]
宮崎県 宮崎放送(MRT) 放送時間不詳 GO!GO!ワイド』内
ハワイ KZOO 9:45 - 9:52
ハワイ・アリューシャン標準時

コーナー[編集]

放送枠が拡大した2003年10月から2011年2月まで毎月最終週にはJRN各局のアナが毎日2人ずつ登場し、制限時間1分以内でそれぞれの地元情報をPRする「各局アナウンサー60秒対決」というコーナーが組まれた。1回目のみ、勝敗を決めていた。 2011年4月からは60秒対決に代わり、各局のアナが1人ずつ登場し地元の話題をニュース風に紹介する「各局アナウンサーホットニュース」になった。

2カ月に1回程度「日本列島グルメアンケート」という企画がある。これは「」や「」などのテーマを決めた食べ物について全国から集まった声をもとに1週間、各地の料理を紹介する(月曜日はアンケート結果の集計)。これも放送枠拡大時に始まった。

2005年7月から、金曜日は47都道府県の一つを地元の観光担当者が紹介する「日本列島お国めぐり」という企画になった(上記2企画時は休止)。2007年4月から、47都道府県の昔と今を感じさせるものを紹介する「日本列島今昔物語」に変わった。2008年10月からは、47都道府県の偉人を紹介する「日本列島偉人伝」になった。2010年4月から、「日本列島お国めぐり」に戻った。

パーソナリティが日本各地に出かけ、その模様を1週間紹介する企画も定期的(主に首都圏におけるラジオ聴取率調査週間期間中が多い)に行われている。また、これを1時間番組として放送したこともある。

2006年10月から、月~木曜日の後半が固定されたコーナーになったが、2007年の途中からほとんど放送されなくなった。

  • 月曜 - 「ほっと情報」:リスナーからの情報を紹介。2003年の枠拡大以降、不定期に存在したが、コーナーが固定された。また、「日本列島グルメアンケート」の週は月曜日以外も「ほっと情報」になる。
  • 火曜 - 「ほっと通信おみやげカタログ」:日本各地のおみやげを紹介。
  • 水曜 - 「ほっと通信ここが一番」:日本各地の「ナンバー1」を紹介。
  • 木曜 - 「ほっと通信花図鑑」:にまつわる話題を紹介。

ゲスト出演者[編集]

備考[編集]

『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録のラジオ番組リストでは、放送開始日が1994年1月6日、放送日時が月 - 金曜の15:40 - 15:45となっている[28]

開始当初のテーマ曲は、松岡直也の『虹色の風』が使用されていた。

列島リポート[編集]

本番組開始以前にも、1988年10月10日から1993年10月1日まで[29]、同様の番組として『列島リポート'XX』(れっとうリポート。※XX…西暦年号の下二桁が入る)を放送した。放送時間は平日の12:10 - 12:20[29]

当時TBSラジオの平日正午のワイド枠のパーソナリティ(桝井論平[29]菅原牧子小島一慶)が担当。オリエントファイナンス→オリエントコーポレーションが一社提供スポンサーを務めた。

関西地区は毎日放送がネット。放送時間はワイド番組『ごめんやす馬場章夫です』の11時台に内包されており、番組タイトルが『列島リポート'XXごめんやす、ふるさとさん』だった。北海道地区は北海道放送がネットしていたが、当初は12時台に道内各局毎のローカル編成を行っていたため、札幌放送局のみにとどまっていた。1990年代に入ってからは、全局で放送されるようになった。なおネット局の中には独自オープニングに差し替える局もあったほか、ラジオ福島など一部の局では12:50からのディレイネットとなっていた。この時間帯は当番組開始までは完全ローカル枠であり、調整にはかなり難航したものと思われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年12月当時の『ストリーム』公式ウェブサイト内タイムテーブル - インターネットアーカイブ2008年12月16日付保存キャッシュより。
  2. ^ TBSラジオは2001年10月に東京放送からラジオ放送免許(コールサイン:JOKR)を承継。
  3. ^ TBSラジオ. “日本列島ほっと通信~日本列島ほっと通信15周年スペシャル 声を訪ねてふるさとの旅” (日本語). トピックス&ニュース. TBSラジオ. 2008年9月29日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ 2010年10月当時、テレコム・サウンズウェブサイト内に掲載された制作番組リスト(インターネットアーカイブ2010年10月10日付保存キャッシュ)より、『小島慶子 キラ☆キラ』の情報を参照。「キラ☆キラ内プログラム」として、本番組の情報も記載。
  5. ^ a b 『ラジオマニア2010』P59
  6. ^ 放送当時の各ネット局番組表を参照。
    • TBSラジオ番組表(『ラジオ東京スピリッツ』配信PDFファイル、『TBS50年史』資料集・同DVD-ROM『ハイブリッド検索編』収録分)
    • 三才ブックス発行雑誌『ラジオ番組表』に掲載された、各ネット局番組表。
    • 2001年4月当時のJRN編成表(『TBS50年史』資料集・同DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録)
  7. ^ a b TBSラジオから本社に感謝状(聖教新聞:ヘッドラインニュース 2008年10月24日付) - インターネットアーカイブ2008年10月30日付保存キャッシュ。
  8. ^ a b 1998年当時TBSのウェブサイト内に掲載された、同局アナウンサー畑杏子のプロフィールページ - インターネットアーカイブ1998年1月13日付保存キャッシュより。
  9. ^ a b 『TBS50年史』資料編P240、または、『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』収録PDFファイル『TBSアナウンサーの動き』P32より、「長岡(畑)杏子」の情報を参照。「日本列島ホット通信(1996)」、または、「日本列島ホット通信(96)」と明記。
  10. ^ 1993年10月のTBSラジオ番組表(13:00 - 16:00の『林美雄アフタヌーン〜オーレ!チンタラ歌謡族』のうち、15:20 - 15:25を参照) - 『ラジオ東京スピリッツ』内で配信された、PDFファイル。
  11. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料集』P158
  12. ^ RABラジオウェブサイト内に掲載された、2003年4月の平日午後帯タイムテーブル(13:25 - 13:30を参照) - インターネットアーカイブ2003年4月2日付保存キャッシュ。
  13. ^ 2001年4月当時のJRN編成表(『TBS50年史』資料編または同DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に掲載・収録)より、「枠大」の記述込みで、13:15 - 13:22の枠に本番組が明記。
  14. ^ 2003年4月のTBSラジオ番組表(13:00 - 15:30の『ストリーム』のうち、14:48 - 14:55を参照) - 『ラジオ東京スピリッツ』内で配信された、PDFファイル。
  15. ^ RCCラジオウェブサイト内に掲載された、2003年7月 - 9月の平日タイムテーブル(12:40 - 12:47) - インターネットアーカイブ2003年8月1日付保存キャッシュ。
  16. ^ 2003年10月のTBSラジオ番組表(13:00 - 15:30の『ストリーム』のうち、14:46 - 14:55を参照) - 『ラジオ東京スピリッツ』内で配信された、PDFファイル。
  17. ^ RCCラジオウェブサイト内に掲載された、2003年10月 - 12月の平日タイムテーブル(12:40 - 12:50を参照) - インターネットアーカイブ2003年10月1日付保存キャッシュ。
  18. ^ RABラジオウェブサイト内に掲載された、2003年12月の平日午後帯タイムテーブル(13:20 - 13:30を参照) - インターネットアーカイブ2003年12月17日付保存キャッシュ。
  19. ^ TBS Radio & Communications Report vol.9(2009年7月1日、TBSラジオ&コミュニケーションズ発行。PDF文書ファイル)
  20. ^ 2002年7月当時、TBSラジオウェブサイト内に掲載されていた、高田景子のプロフィールページ - インターネットアーカイブ2002年7月1日付保存キャッシュ。
  21. ^ 2004年1月当時、TBSラジオウェブサイト内に掲載されていた、下角陽子のプロフィールページ - インターネットアーカイブ2004年1月17日付保存キャッシュ。
  22. ^ TBSテレビから出向する形で担当。
  23. ^ 当初は、『林美雄アフタヌーン〜オーレ!チンタラ歌謡族』の内包番組として、15:20 - 15:25に放送。『大胆!ヒルマーノ』→『痛快ときめきバラエティ』と同時間帯に内包され続けたが、1998年開始の『松崎菊也のいかがなものか!?』より、14:50 - 14:55へ移動(1998年4月より?)。『新世紀ラジオ 歌え!ドンキホーテ』の頃(1999年10月?)より、14:55 - 15:00へ移動。『松尾雄治のピテカンワイド』の頃(2000年4月?)より、14:50 - 14:55へ移動。『ストリーム』開始の頃(2002年4月)より、14:48 - 14:55へ移動した。
  24. ^ 「十和田市人物伝」終了に伴い5分繰上げた。
  25. ^ 開始当時は16:25 - 16:30だった。
  26. ^ 放送時間が若干前後に変動する場合がある。
  27. ^ 2008年3月31日から2009年3月27日まで『ゲツキンラジオ ぱんぱかぱーん』内(15:40 - 15:50)で放送していた。
  28. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録のラジオ番組データベースより、「番組名別リスト」→「に」→『日本列島ほっと通信』の情報を参照。
  29. ^ a b c 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録のラジオ番組データベースより、「番組名別リスト」→「れ」→『列島リポート』の情報を参照。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]