宇田川信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇田川 信一(うだがわ しんいち、1929年(昭和4年)5月1日 - )は、日本の警察官、評論家。中央大学第一法学部卒。

人物[編集]

公安部警務部が長かったが、佐々淳行にスカウトされ、警備部警備第1課長代理となる。警備実施を統括し「コンバットチーム」と呼ばれる現場情報班を率いて、東大安田講堂事件あさま山荘事件をはじめ幾多の警備事案を担当した。佐々の一連の著作にも頻繁に名前が登場する。最終的には巡査から警視監にまで登りつめた。

2002年5月11日に公開された『突入せよ! あさま山荘事件』では宇崎竜童が宇田川信一警視(警視庁警備部警備第1課長代理・警備実施及び現場情報担当)を演じている。本人もエキストラとして出演。

経歴[編集]

現在は、東和警備保障株式会社代表取締役会長兼社長。

主な著作[編集]

  • 日本の危機管理(鳥影社
  • 子どもを守る10の法則(青林堂
  • 少年の自殺と児童虐待を防止する10の法則(青林堂