今井朋彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いまい ともひこ
今井 朋彦
生年月日 (1967-08-20) 1967年8月20日(50歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 174cm
職業 俳優声優
活動期間 1988年 -
活動内容

1987年 文学座研究所入所
1988年:初舞台

1992年:座員へ昇格
所属劇団 文学座
主な作品
テレビドラマ
HR
新選組!
風林火山

CM
エステー

今井 朋彦(いまい ともひこ、1967年8月20日[1] - )は、日本俳優声優桜美林大学総合文化学群専任講師。東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。身長は174cm体重は64kgである。趣味ヨット野球、特技はフルート手話コンテンポラリーダンス劇団文学座所属。

略歴[編集]

大学卒業後、文学座に入団。当初は舞台を中心に活動していたが、三谷幸喜が脚本を担当した『HR』にレギュラー出演して以降、三谷作品も含めて出演が増加した。

新選組!』や『風林火山』で演じた情けないキャラクターも話題となった。

また、殿様姿に扮して歌うエステー「消臭プラグ」シリーズのCMでも知られている。

2012年、舞台『破産した男』での演技により平成23年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

俳優業のほか、桜美林大学芸術文化学群演劇専修で専任講師を務めており、舞台芸術基礎や発声朗読法の講義、その他ゼミで教鞭をとっている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 雨の運動会(1988年9月 文学座アトリエ) - 男子生徒8(ライト兄弟) 役
  • 近松女敵討(1988年 サンシャイン劇場)
  • チェンジングルーム(1989年6月 - 7月 紀伊国屋ホール) - フランク 役
  • 桃花春(1991年5月 - 6月 紀伊国屋ホール) - 勇 役
  • 胸さわぎの放課後(1991年 東京芸術劇場)
  • かどで(1992年6月 文学座アトリエ) - 秀太郎 役
  • ガリレオ物語(1992年 東京芸術劇場)
  • お気に召すまま(1992年 ベニサンピット)
  • マイ チルドレン!マイ アフリカ!(1992年12月、1994年6月 - 7月 文学座アトリエ、東京芸術劇場) - タミ 役
  • 夜のキャンバス(1993年8月 - 11月 三越劇場) - 武田誠 役
  • 火の鳥(1994年10月 日生劇場) - クマソ国の村人、砂漠の民 役
  • 絹布の法被(1995年 日生劇場)
  • THE BOYS ストーンヘンジアパートの隣人たち(1995年5月 - 6月 文学座アトリエ) - ジャック役
  • 水面鏡(1996年5月 文学座アトリエ) - 田川静一 役 ※第31回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞
  • イサドラ−when she danced(1997年5月 - 6月 ベニサンピット他) - アレクサンドロス・エリオポロス 役
  • 月がとっても蒼いから(1997年11月 - 12月、2000年9月 文学座アトリエ、大田区民プラザ他) - 大泉作太郎 役
  • 太陽が死んだ日(1997年12月 - 1998年1月 アートスフィア) - ディエゴ・デ・トルヒリョ 役
  • テレーズ・ラカン(1998年1月 - 3月 ベニサンピット) - カミーユ 役
  • アマデウス(1998年4月 - 5月 サンシャイン劇場他)
  • ルル(1998年12月 ベニサンピット) - シュワルツ / ボブ 役
  • 小さき神のつくりし子ら(1999年3月 - 4月 俳優座劇場他) - ジェームズ・リーズ 役
  • 夢の島 イニシュマーン(1999年10月 紀伊国屋ホール) - ビリー 役
  • マリアの首(1999年12月 俳優座劇場) - 桃園 役
  • 怒濤(2000年1月 新国立劇場 演出:マキノノゾミ) - 喜多一郎 役
  • 心破れて(2000年6月 文学座アトリエ) - イソクリーズ 役
  • 蝶のやうな私の郷愁(2000年11月 - 12月 文学座アトリエ) - 演出のみ
  • こわれがめ(2001年7月 俳優座劇場) - ワルター 役 ※第9回読売演劇大賞優秀男優賞受賞
  • コペンハーゲン(2001年10月 - 11月、2007年3月 新国立劇場) - ハイゼンベルク 役 ※第9回読売演劇大賞優秀男優賞受賞
  • はぐらかされたわが幸せ−書簡・チェーホフ(2001年11月 シアターX)
  • 職さがし(2001年12月 世田谷パブリックシアター) - ウォレス 役 ※第9回読売演劇大賞優秀男優賞受賞
  • 木に花咲く(2002年3月 富山市オーバード芸術劇場)
  • 湯葉と文鎮−芥川龍之介小伝−(2002年5月 俳優座劇場) - 芥川龍之介 役
  • 出撃(2002年6月 東京芸術劇場他) - 瀬川 役
  • 4時48分サイコシス(2002年7月 シアタートラム) ※リーディング
  • エレファント・マン(2002年10月 - 11月 赤坂ACTシアター他) - トリーヴズ 役
  • ゴロヴリョフ家の人々(2003年6月 - 7月 新国立劇場) - ポルフィーリー 役
  • ニュルンベルク裁判(2003年10月 - 11月 紀伊國屋サザンシアター他) - ロルフ 役
  • インソムニア−眠れぬひと−(2004年4月 世田谷パブリックシアター)
  • 求塚(2004年7月 シアタートラム) - 瀬川役
  • TERRA NOVA−テラ・ノヴァ−(2004年9月 - 10月 文学座アトリエ他) - スコット 役
  • 怒りをこめてふり返れ(2004年11月 紀伊国屋ホール) - クリフ 役
  • デモクラシー(2005年2月 - 4月 青山劇場他) - アルノ・クレッチマン 役
  • うら騒ぎ / ノイゼズ・オフ(2005年6月 - 7月 新国立劇場) - ロジャー・トランプルメイン 役
  • 浸食し合う領域◎逆転編(2005年9月 セッションハウス) ※ダンス
  • ブラウニング・バージョン(2005年10月 俳優座劇場) - フランク・ハンター 役
  • HEART of GOLD−百年の孤独−(2005年12月 世田谷パブリックシアター他)
  • カエル(2006年4月 新国立劇場) - 旅人 役
  • 溺れる花嫁(2006年9月 紀尾井ホール) - マット / ブラント 役
  • サクソフォン・マンスリー・スタジオ・ライブ(2006年12月 くにたち芸術小ホール)※朗読
  • ブレーメンの自由(2007年1月 - 2月 こまばアゴラ劇場) - ゴットフリート 役 ※リーディング
  • 国盗人(2007年6月 - 8月 世田谷パブリックシアター他) - 善二郎 / 左大臣 / 理智門 役
  • 恐れを知らぬ川上音二郎一座(2007年11月 - 12月 シアタークリエ 作・演出:三谷幸喜) - 飯尾床音 役
  • ウラノス(2008年2月 青山円形劇場) - 古橋 役
  • 日本語を読む〜リーディング形式による上演〜『星の王子様』(2008年5月 シアタートラム) - 演出のみ
  • 日本語を読む〜リーディング形式による上演〜『棒になった男』(2008年5月 シアタートラム) ※リーディング
  • 華燭(2008年6月 - 7月 三鷹芸術文化センター) - 佐竹幸夫 役
  • 友達(2008年11月 世田谷パブリックシアター他) - 長男 役
  • ストーン夫人のローマの春(2009年3月 PARCO劇場他) - クリストファー 役
  • 炎の人(2009年6月 - 7月、2011年11月 - 12月 天王洲銀河劇場他) - テオドルス・ファン・ゴッホ 役
  • ヘンリー六世2009年10月 - 11月 新国立劇場 演出:鵜山仁) - 使者 / 弁護士 / エドワード 役
  • 蜘蛛女のキス(2010年1月 - 2月 梅田芸術劇場他) - 刑務所長 役
  • −初恋(2010年6月 - 7月 三鷹芸術文化センター他) - 笹川周二郎 役
  • わが町(2010年10月 - 11月 静岡芸術劇場) - 演出のみ
  • 国民の映画(2011年3月 - 5月、2014年2月 - 3月 PARCO劇場他 作・演出:三谷幸喜) - エーリッヒ・ケストナー
  • いのちを詠う−日本の現代詩から−(2011年5月 世田谷パブリックシアター)
  • グレンギャリー・グレン・ロス(2011年6月 天王洲銀河劇場他 演出:青山真治) - ウィリアムソン 役
  • スガンさんのやぎ(2011年8月 静岡芸術劇場他) - 声の出演
  • 破産した男(2011年10月 あうるすぽっと) - 破産した男役 ※第62回芸術選奨新人賞演劇部門受賞
  • 松本泰幸 サクソフォン・シアター(2011年10月 小金井市民交流センター) ※朗読
  • ケンジのイノリ〜3.11ニモマケズ〜(2012年3月 桜美林プルヌスホール)
  • OPAP『パンドラの鐘』(2012年7月 桜美林大学プルヌスホール) - 演出のみ
  • リチャード三世2012年10月 新国立劇場 演出:鵜山仁) - エドワード四世 役
  • 100万回生きたねこ(2013年1月 - 2月 東京芸術劇場他 演出・振付:インバル・ピント&アブシャロム・ポラック) - 王様 / メスねこ 役
  • おのれナポレオン(2013年4月 - 5月 東京芸術劇場 演出:三谷幸喜) - アントンマルキ 役
  • ジャンヌ(2013年9月 世田谷パブリックシアター 作:ジョージ・バーナード・ショー 演出:鵜山仁) - ウォリック 役
  • トロイラスとクレシダ(2015年7月 - 8月 世田谷パブリックシアター) - ユリシーズ 役
  • 再びこの地を踏まず−異説・野口英世物語−(2015年11月 紀伊國屋サザンシアター他) - 野口英世
  • ヘンリー四世(2016年11月 - 12月 新国立劇場 演出:鵜山仁) - 旅人 / 騎士リチャード・ヴァーノン / 高等法院長 役
  • 子午線の祀り(2017年7月 世田谷パブリックシアター 演出:野村萬斎) - 梶原平三景時 役
  • 第5回 朗読東京『目羅博士の不思議な犯罪』(2017年8月 東京芸術劇場 演出:長部聡介) - 江戸川 役 ※朗読
  • リチャード三世(2017年10月 - 11月 東京芸術劇場他 演出:シルヴィウ・プルカレーテ) - マーガレット 役
  • TERROR(2018年1月 - 2月 紀伊国屋サザンシアター他 演出:森新太郎)

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 青春アドベンチャー(NHK-FM)
    • 夢源氏剣祭文 - 碓井貞光 役
    • 笑う20世紀 5『100年の恋』
    • 風神秘抄
    • 尾張春風伝
    • 押入れのちよ
    • サマルカンド年代記
    • タイムスリップ源平合戦
    • アドリア海の復讐
    • 家守綺譚
    • ピエタ(2012年4月 - 5月)
    • ダブル・キャスト
    • 二分間の冒険(2012年9月)
    • フランケンシュタイン - ヴィクター・フランケンシュタイン 役
    • シュレミールと小さな潜水艦
    • 白狐魔記シリーズ
    • 斜陽の国のルスダン(2017年8月) - ギオルギ 役
    • 水晶宮の死神(2017年10月) - 死神 役
  • FMシアター(NHK-FM)
    • アウラ
    • いつか超える海
    • チョコリエッタ
    • 静かな大地
    • ア・ルース・ボーイ(1991年10月)
    • 風はまだ止まない
    • ディアノーバディ
    • 父の代理人
    • イジメの行方
    • 母、逝かず
  • TBSラジオ
  • 朗読(NHKラジオ第2)
    • 竹青
    • 魚服記
    • 即興詩人(2005年10月)
    • 鼠坂
    • グスコーブドリの伝記(2011年10月)

ドキュメンタリー[編集]

  • NHKスペシャルNHK
    • 日本海軍 400時間の証言」(2009年8月10日) - 声の出演
    • 「仁淀川〜青の神秘〜」(2012年3月) - ナレーション
    • 「”世界最強”伝説 ラスベガス世紀の一戦」(2013年1月) - 声の出演
    • 新・映像の世紀 第1集「百年の悲劇はここから始まった」(2015年10月25日) - 朗読
    • 「シリア 絶望の空の下で 閉ざされた街 最後の病院」 - 声の出演
    • 「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」 - 声の出演
    • 「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」(2017年8月20日) - 声の出演
  • クローズアップ現代「福島を生きる 詩に刻む被災地の言葉」(2011年8月、NHK) - ナレーション
  • 地球ドラマチック(2012年6月、NHK Eテレ) - 日本語版ナレーター ※渡辺徹の代役

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • エステー どこでも電池の消臭プラグ - 殿様 役 ※大河ドラマ『新選組!』を見てエステー(当時・エステー化学)側から殿様役としてオファーされた

著書[編集]

  • (分担執筆)『言語学の領域II』中島平三監修、今井邦彦編、朝倉書店、2009年、ISBN 9784254515626

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』、361頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ キャスト”. NITABOHオフィシャルサイト. 2016年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]