Ωカーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名阪国道のΩカーブ区間(昭和60年
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
国道25号標識

Ωカーブ(オメガカーブ)は、名阪国道天理東ICから福住ICにかけて続く、急カーブ・急勾配の連続区間を指す通称であり[1]、名称は地図や上空写真を見ると形状がギリシア文字Ωに似ていることに由来する。

概要[編集]

当該区間の線形要素における最大値(最小値)は以下のとおりである。

  • 平面線形 - 最小曲線半径 R=150
  • 縦断線形 - 最急下り勾配 6%

名阪国道は一部の区間を除いて最高速度が60km/h[2]に指定されているが、道路自体が高規格(自動車専用道路)であり、大半の車が80km/h以上で巡行しているのが現状である。しかし同区間においては、並行する名神高速道路新名神高速道路よりも東名阪自動車道 - 名阪国道 - 西名阪自動車道経由の方が安上がりで通行できる事を理由とした交通量の多さ、そして何よりも急カーブ・急勾配という理由から事故防止のため速度規制に忠実に走行せざるをえない状況である。このため昼間・夜中を問わず混雑していることが多く、渋滞が頻発している。

なお、名阪国道(奈良県内)の大部分は構造規格第一種第三級(設計速度80km/h)であるのに対して、同区間は第一種第四級(設計速度60km/h)である。また、最小曲率半径R=150mは道路構造令の設計速度60km/hの下限である[3]。  

名阪国道の中で最も死亡事故が多発する場所であり、特に下り車線での事故が多い。カーブ外側のガードコンクリートブロックには、速度超過が原因と思われる接触し削り取られた跡が多数存在している[4]。  

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ならこく事業紹介 名阪国道国土交通省奈良国道事務所)2017年7月7日確認
  2. ^ 伊賀SA - 五月橋ICおよび福住IC付近 - 神野口IC付近は70km/h。かつて開通から20年程度、福住IC - 天理東ICの一部区間の下り線は延々下り坂が続く事も有り、当初は50km/hに設定されていた。
  3. ^ 道路構造令について (PDF)”. 国土交通省. 2017年4月4日閲覧。
  4. ^ 【特集】事故多発「名阪国道Ωカーブ」”. 毎日放送. 2017年5月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]