水野忠政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
水野忠政
Mizuno Tadamasa01.jpg
時代 戦国時代
生誕 明応2年(1493年
死没 天文12年7月12日1543年8月22日
改名 牛息丸、妙茂、忠政
別名 藤七郎
戒名 長江院殿大渓堅雄大居士
墓所 宇宙山乾坤院
官位 右衛門大夫下野守
氏族 水野氏
父母 父:水野清忠
兄弟 清重忠政元興
正室:松平昌安の娘
継室:大河内元綱の養女・華陽院
近守信元信近忠守近信忠勝
藤助、忠分忠重、娘(松平家広室)
於大の方、娘(石川清兼室)
娘(水野豊信室)、娘(中山勝時室)
娘(水野忠守室)
乾坤院の墓所

水野 忠政(みずの ただまさ)は、戦国時代武将戦国大名。幼名は牛息丸、通称「藤七郎」で、初め「妙茂(ただもと)」を名乗ったとされる他、「右衛門大夫」および「下野守」を称した。

徳川家康の生母・於大の方(伝通院)がいる。

生涯[編集]

明応2年(1493年)、水野清忠の次男として生まれる。幼名は牛息丸

はじめ尾張国緒川城愛知県東浦町)を中心として知多半島北部をその支配下においたが、天文2年(1533年)、三河国刈谷に新城(刈谷城)を築いた。織田信秀の西三河進攻に協力しつつ、他方では岡崎城松平広忠形原城松平家広などに娘を嫁がせて、領土の保全を図った。

天文12年(1543年)7月12日、死去。享年51。墓所は愛知県東浦町の乾坤院。法名は長江院殿大渓堅雄大居士。

忠政の子[編集]

寛政重修諸家譜』(以下『寛政譜』)が掲げるのは次の9男6女である。記載の順に示す。

  • 近守(?-1556年[注釈 1]) - 藤九郎、和泉守。『刈谷市史』(第2巻、1994年)は、忠政の子ではないとする。
  • 信元(?-1576年[注釈 2]) - 藤七郎、四郎衛門、下野守。
  • 形原松平家広室(?-1597年[注釈 3]) - 於上の方(於丈の方)。法名は覚法院殿月貞妙心大姉で「伝通院の姉」とされる。最初の夫[注釈 4]は緒川城主水野常陸介成清(天文2年(1533年)没)で、先夫との間に水野石見守長勝があるという(『寛政譜』6巻)。墓所は埼玉県寄居町昌国寺。寄居町赤浜(男衾地区)では、現在でも「於丈の方」を「形ノ原様」(ギョウノハラ様)と言い伝える。
  • 信近(1525年-1560年) - 忠政の三男。藤四郎、藤九郎。法名を了輝。永禄3年(1560年)4月19日に岡部元信の攻撃を受け、刈谷城にて36歳で戦死。子は信政(元茂。叔父信元の養子となり、天正3年、養父と共に殺害される。「寛政譜」新訂6巻37頁によると、その母は「佐治氏」であるという)、但馬守、次郎左衛門、新右衛門信行(妙勝。法名・善心。信元に仕える)、村瀬左馬助重治の妻。いずれも生没年不詳。また新右衛門「信行」の子、新右衛門信常の妻は久松俊勝の娘で、またその間に生まれた子が将監信村であると記されている(寛政譜)。しかし信常(1550年生)を信近の孫とするのは生年からみて矛盾がある。また「寛政譜」の久松家にはそのような記述はない。
  • 忠守(1525年-1600年) - 四男。清六郎、織部。
  • 於大の方(1528年-1602年) - 松平広忠室、久松俊勝室。
  • 石川清兼室(?-1598年) - 妙春尼(妙西尼)。法名・芳春院妙西。三河一向一揆後に、本願寺派教団の「仏法之肝煎」として、門徒の赦免と西三河への寺僧の還住(天正13・1585年)がなされるまで、その指導的立場にあったと推測されている[3]。現存する文書から、石川清兼の後室で、また日向守「家成」(1534年生)の実母とも考えられるが[4]。「寛政譜」新訂3巻3頁の記述も同旨。だとすると於大の方1528年生)の妹ではあり得ない(『新編岡崎市史』20巻、383頁)。慶長3年(1598年)2月4日没。墓所は岡崎市美合町の本宗寺
  • 水野豊信室
  • 近信(忠近)(?-1602年)- 五男。伝兵衛。法名・宗白。兄信近が戦死した刈谷城での戦いの際、負傷し障害を負ったが家康の関東入封後知行500石を得る。慶長7年8月9日(1600年9月15日)刈谷にて死去。墓所は「信近」と同じく、愛知県刈谷市天王町6-7の楞厳寺。子は近之(寛永20・1643年卒)、多門平兵衛信正室、松平加賀右衛門正次室。子孫は旗本として存続。
  • 忠勝(?-1568年) - 弥平大夫。今川氏真に属したが武田信玄に密書を送った罪により永禄10年12月22日(1568年1月30日)自害。子は康忠。子孫は江戸の町年寄になるという。
  • 藤助(?-1584年[注釈 7]) - 忠守・於大の方・近信と母を違える。
  • 中山勝時室(?-1644年[6]) - 名を屋鍋とする[7]
  • 水野大膳亮忠守[注釈 8]
  • 忠分(1537年-1579年[注釈 9]) -  八男。藤次郎。
  • 忠重(1541年-1600年) - 九男 。藤十郎、惣兵衛、和泉守。     

「近守」および「信元」には、長子・次子の区別はない。寛政12年の「水野氏法名一覧」[8]には、忠守が「長江院殿堅雄」(忠政)の三男となっている。ただし、ここでは「近守」を忠政の子としており、これを否定する「刈谷市史」の立場とは、その理由を異にする[注釈 10]

妻および子供たちの生母について[編集]

「寛政譜」がその出自を示すのは次の2名である。

  • 松平昌安(信貞)の娘 - 「信元」「松平家広室」の母。「死別」ではなく「離婚」となっている。
  • 大河内元綱の養女 - 「於富の方」(華陽院)として知られる。「継室」とされている。「忠守」「於大の方」「近信」「忠分」「忠重」の母とする。しかし、伝えられている松平清康1535年死亡)との再婚が事実とすれば、これ以後の出生と考えられる「忠分」「忠重」の母ではありえない。平野明夫は自書「三河松平一族」において所生の子供たちの生年から検討した結果、於富の方と松平清康との再婚は有り得ないと考証、結論している。

「水野氏法名一覧」の中に次の2名が記されている。

  • 三昭貞富禅定尼 - 「忠分」の母。没年は天文12年(1543年)2月4日。半年後に忠政が死亡。
  • 本樹院殿栄岩宗盛大姉 - 「水野和泉守殿之母」。没年は天正15年(1587年)6月13日。「水野藤九郎」がその名を見せる、永正13年(1516年)の記述(柴屋軒宗長「宇津山記」)から71年経過しており、水野藤九郎=和泉守近守の母ではありえない。ここでの「水野和泉守」は「忠重」であり、「栄岩宗盛」がその母である。

以上、冒頭の2名の妻と、その他「某」とされる者を含め、4名以上の女性が子供たちの母として存在していたことがわかる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 弘治2年(1556年)3月20日「父にさきだちて死す」とあるが、天文12年(1543年)没の父・忠政・の記述と矛盾する[1]
  2. ^ 旧暦なので新暦だと1576年にあたる。
  3. ^ 「水野石見守長勝母、水野右衛門大夫忠政嫡女」として、慶長2年(1597年)5月5日卒とある[2]
  4. ^ ただし、「忠政」-「信元」=「忠重」を嫡流とする、水野勝成に始まる福山・結城水野家の家譜では、於上の方が松平家広以前に婚姻していたことが認められないという。
  5. ^ 「後室」とは妙春尼のことだと考えられる
  6. ^ 宛先は「ひうかのかみははかた」
  7. ^ 「水野氏法名一覧」に、天正2年(12年の誤記と思われる。よって1584年)4月9日に「於尾州長久手戦死」とある。ちなみに「常滑水野家」監物守隆の子、「新七」がこの戦いに参加し、15歳で亡くなっている[5]。また「刈谷市史」第二巻の64項では天正2年を没年としている。
  8. ^ 兄の織部忠守とは同名異人で一族の水野大膳家の忠守のこと。
  9. ^ 旧暦のため新暦では1579年にあたる。
  10. ^ この「法名一覧」では、「近守」と没年が一致する「春河全芳」が「右衛門大夫御子」となっている。また「右衛門大夫」を忠政の呼称としてのみ用いている。

出典[編集]

  1. ^ 『寛政譜』
  2. ^ 「寄居町史 近世資料編」(1983年)所収(530頁)の「昌国寺文書」227(文久3年4月)
  3. ^ 『新編岡崎市史2』829頁
  4. ^ 「新編岡崎市史6」所収、542-544項「上宮寺文書」29および31[注釈 5]。また1194項「本派本願寺文書」7の家康朱印状[注釈 6]
  5. ^ 「士林泝洄」36巻丁ノ二
  6. ^ 「刈谷市史」第二巻の64頁。
  7. ^ 寛永諸家図伝
  8. ^ 『新編東浦町誌』資料編3、2003年。

関連項目[編集]