石川家成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
石川家成
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文3年(1534年
死没 慶長14年10月19日1609年11月15日
改名 彦五郎(幼名)→家成
戒名 香誉海巌常寿院
官位 従五位下日向
主君 徳川家康
美濃大垣藩
氏族 石川氏
父母 父:石川清兼、母:水野忠政
兄弟 康正(康政)、一政家成酒井正親
正室:松平清善
康通成次大久保忠隣正室、本多康重正室
養子:忠総成堯

石川 家成(いしかわ いえなり)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将徳川氏の家臣。美濃大垣藩の第2代藩主で、徳川家康の母方の従兄、石川数正の叔父に当たる。伊勢亀山藩石川家2代。徳川十六神将の1人に数えられる[1]

生涯[編集]

天文3年(1534年)、石川清兼の三男(次男説もある)として三河国西野(現在の愛知県西尾市)で誕生。母は家康の生母於大の方の妹。家康が今川義元の人質であった頃から仕えた譜代の家臣である。永禄元年(1558年)、寺部攻めで先鋒を務めた。

永禄3年(1560年)の丸根砦攻略戦、同4年(1561年)の鳥羽根城攻略戦、同6年(1563年)の三河一向一揆鎮圧戦、元亀元年(1570年)の姉川の戦いのいずれにも参戦し、西三河の旗頭(東三河は酒井忠次)として家康初期の覇業に貢献した。三河一向一揆の際は熱心な一向宗信者であったにも関わらず、父の清兼と共に他宗に改宗して家康に忠誠を尽くした[1]

永禄12年(1569年)、今川氏真が没落したため、遠江国掛川城主に任命されている[2]。同年、甥の数正に西三河の旗頭の地位を譲っている[2]

天正8年(1580年)、長男の康通に家督を譲って隠居した。天正18年(1590年)、後北条氏滅亡後に家康が関東に移封されると、伊豆梅縄に5000石の隠居料を与えられた。

慶長12年(1607年)、大垣藩初代藩主であった康通が死去したため、家督に復帰して第2代藩主となる[2]。ただし1度隠居した身で、また高齢のためか幕政には関与していない[2]。慶長14年(1609年)10月19日(29日とも)に死去した。享年76。跡を外孫で養子忠総が継いだ。

家康無二の忠臣と言われ、その信任は厚かった。その経緯から家成の死後、本来なら無嗣断絶するところを石川家は存続を許された。

注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 川口素生『戦国軍師人名事典』P302
  2. ^ a b c d 川口素生『戦国軍師人名事典』P303

参考文献[編集]

書籍
史料