中山勝時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山 勝時(なかやま かつとき、? - 天正10年6月2日1582年6月21日)は戦国時代の武将。 通称は五郎左衛門。刑部大輔もしくは民部大輔を名乗る。妻は水野忠政の娘。

略歴[編集]

中山勝時は中山重時の嫡男で水野氏(小河水野氏)の家臣であった。中山氏は天文12年(1543年)に水野信元が現在の愛知県阿久比町宮津の新海氏を下し、その出城で榊原主殿が守る尾張国岩滑城半田市岩滑中町)を落とす[1]と、勝時は岩滑城の新しい城主となり、この地を領した。これ以前の中山氏は洞廻間(くけはざま:桶狭間)および北尾(現在の大府市北崎町)に住し[2]法華の信者であったといわれている。ちなみに、桶狭間の戦い後、今川義元ら戦没者のための引導供養の大導師をつとめた、曹源寺(現豊明市大脇)二世の快翁龍喜和尚は、中山勝時の叔父あるいは大叔父にあたるという[3]

勝時は「張州雑志」など尾張において編纂された地誌には水野信元・水野重忠に仕え天正10年(1582年本能寺の変の際に討死したと記されているが、「寛政譜」には勝時の死に関する記述はなく、ただ法名が「宗也」で「高野山に葬る」とされるのみである[4]。また、天保14年(1843年)成立の「尾張志」では「京都二条にて信忠卿と共に討死」したとされている[5]

中山光勝[編集]

勝時の子に「五郎左衛門」某とされるものがあり、これを「光勝」と記述ものもある[6][7][8]。ただし、「光勝」と記述する文献はいずれも尾張藩士中山家所蔵の文書を出典としており[9]、この文書は「やなべのあゆみ[6]」で紹介されているように、作成に際し「尾陽雑記」所収の系図を参照していることから、この名は先祖の系にあらわれる「光」と「勝時」から合成されたものと考えられる。また、「寛永諸家系図伝」には勝時のが示されておらず、この系譜集の編纂の始まる寛永18年(1641年)頃には、その名前が当時の中山家の記録に存在しなかったようである。この理由として、某(光勝)の血筋は中山家の傍系であり、かつ、その子(重盛)が延宝3年(1675年)に尾張藩士「安井家」から改姓した養子であるため、記録が残っていなかったと考えられる。

中山盛信[編集]

勝時の子源右衛門「盛信」は水野忠重に仕え、その子孫は備後福山藩水野家に4代に渡り家老として仕えている[10][11]。初代中山将監「重盛」(正保2年(1645年)卒)、二代又兵衛「重治」(明暦2年(1656年)卒)、三代将監「重澄」(元禄元年(1688年)卒)、四代外記「重直」(正徳4年(1714年)卒)である。ただし、文献に彼らと「勝時」との関係は記されていないが、水野忠重の家臣であった勝時の子が忠重の死後(慶長5年(1600年))に水野勝成に仕え、血縁関係にある水野家の重臣を勤めたと思われる[12]。なお、「水野家在城時代諸臣分限帳」には「御家老」として次の4名が挙げられている[13]

  • 水野玄蕃 3000石
  • 中山外記 2000石
  • 小場兵左衛門 1000石
  • 上田四郎左衛門 900石

このうち福山改易後に結城藩に仕官できたのは小場家のみで、他の三家は浪人となることを余儀なくされ、外記「重直」は京都において没したという[12]

その他子孫[編集]

勝時の子、猪右衛門「勝政」、三男「勝尚」は共に織田信雄に仕えた後、天正18年(1590年)に徳川家康から上総国望陀郡に500石を与えられている。勝政、勝尚の子孫は旗本となり、その中から出雲守「時春」(寛保1年(1741年卒))「時庸」(ときつね、宝暦12年(1762年)卒)など大坂町奉行をつとめた者が出ている。また五男「長圓」は野間大坊(大御堂寺大坊)住職であり、同寺中興の祖となった。

また尾張藩士に中山姓を名乗る家があり、これは安井長高の子瀬左衛門長清が母方の姓を名乗ったものであるが[14]、この瀬左衛門の母は、勝時の三男・五平次「勝尚」の子「勝秀」の娘であるとの説[15]もあり、真偽は定かではない。また「寛永諸家系図伝」「寛政譜」共に「勝秀」の名はない。五平次「勝尚」(慶長7年(1602年)卒)の子として記されているのは「勝信」(寛文2年(1662年)卒)と女子1人[注 1]である。その子孫七大夫和清は長沼流兵学を修めて「前後千を以て数ふ」門弟がいたとされ[16]明治の末裔元若は、岩滑に居住し、家族ぐるみで新美南吉と親交があった[17]。幼き日の新美南吉に民話を語って聞かせ、影響を与えたのは、元若の妻しゑであったといわれる。彼の童話「ごんぎつね」に「中山さま」が登場するのはこうした背景があったからであろう。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この女性に関しての記述はなにもない

出典[編集]

  1. ^ 「半田町史」(1926年)45項および「知多郡史」上巻165項において提示された説。新海家所蔵の家伝文書に拠るという。
  2. ^ 「知多郡史」上巻172項。
  3. ^ 広島県福山市霞町の「泉龍寺」過去帳では、尾張国緒川村水野遠孫「中山又助」の次男となっている。勝時との関係は不明である。
  4. ^ 『寛政重修諸家譜』新訂12巻238項
  5. ^ 歴史図書社刊行本『寛政重修諸家譜』1969年。上巻789項
  6. ^ a b 「やなべのあゆみ」岩滑コミュニティー推進協議会、1985年。38項。
  7. ^ 中山文夫「尾張中山氏系譜 推考 上巻」私家版、1987年。
  8. ^ 「三百藩家臣人名事典 第6巻」新人物往来社、1989年。111項。
  9. ^ 「三百藩家臣人名事典」126項。
  10. ^ 愛知県郷土資料刊行会校訂本「尾陽雑記」補遺巻二「中山系図」
  11. ^ 福山藩士中山家菩提寺福山泉龍寺過去帳
  12. ^ a b 「三百藩家臣人名事典」6巻111項。
  13. ^ 「広島県史 近世資料編2」(286項)
  14. ^ 士林泝洄」巻108「安井」。
  15. ^ 「やなべのあゆみ」(1985年)38項
  16. ^ 昭和9年版「名古屋市史」人物編2(復刻78項)。
  17. ^ 中山文夫「私の南吉覚書」2005年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]