松平家広 (形原松平家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 家広(まつだいら いえひろ、? - 元亀2年2月29日1571年4月3日))は、戦国時代武将三河国形原城蒲郡市形原町東古城)主。幼名は佐太郎、又七郎。

15世紀末より(文明12年とされる)現在の蒲郡市形原に移った形原松平家第4代当主である。父は第3代松平親忠。正室・於丈の方水野忠政の娘、於大の方の姉)との間に松平家忠をもうける。

父親忠は松平清康に従っていたが、清康の殺害(1535年森山崩れ)後の織田信秀安祥城安城市安城町赤塚)攻め(1540年)や小豆坂の戦い1542年)の際の動向は明らかでない。

通説では、妻の実家である水野氏が、今川氏から離反し織田氏に接近すると、主君の松平広忠と同様に妻を離縁したとされてきた。だが、於丈の方との子である家忠の誕生が、広忠の離縁よりも後の出来事であることから、水野氏との関係を維持して同氏や松平信孝(甥の広忠と対立していた)と結んで広忠に叛旗を翻していた可能性がある。また、天文16年(1547年)には今川義元が形原を奥平貞友に与えており、織田方に属して広忠と対立していた家広が今川氏に形原を追われた可能性を示唆している。もっとも、弘治年間には家広は形原に復帰して今川氏に従っている[1]

桶狭間の戦い後、松平氏の当主である松平元康(後の徳川家康)が今川氏真から離反するとこれに従うが、深溝松平家松平伊忠康定との所領争いで不利な裁定が下されたことに不満を持った家広は永禄4年(1561年)に今川氏に降伏して離反してしまう。もっとも、今度は同じ今川陣営に属した幡豆小笠原氏の小笠原広重らとの所領争いから同年のうちに再び元康に帰参している[2]

娘は鳥居元忠の妻。子は同家5代当主の松平家忠。孫の松平家信(紀伊守)は摂津国高槻藩を経て下総国佐倉藩主となる。

墓所は愛知県蒲郡市西浦町北馬場の光忠寺。法名は元忠院殿仁誉孝呈道伯。

脚注[編集]

  1. ^ 小川、2017年、P42-43
  2. ^ 小川、2017年、P43-47

参考文献[編集]

  • 小川雄「戦国・豊臣大名徳川氏と形原松平氏」戦国史研究会 編『戦国期政治史論集 西国編』(岩田書院、2017年) ISBN 978-4-86602-013-6