松平親善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 親善(まつだいら ちかよし、文明17年(1485年) - 享禄4年3月13日1531年3月31日))は、戦国時代の武将。竹谷松平家当主。通称、与二郎、玄蕃允。松平守親の長男。室は今川氏親の娘(のちに離縁、その後鵜殿長持室)。子に松平清善。法名は全長。