松平信進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信進
時代 江戸時代後期
生誕 文化10年8月14日1813年9月8日
死没 文久3年1月24日1863年3月13日
改名 敬次郎(幼名)、信進
墓所 東京都台東区下谷の英信寺
官位 従五位下丹後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
駿河小島藩
氏族 越前松平家滝脇松平家
父母 松平斉恒松平信賢
兄弟 斉斎信進
松平信豪長女
松平信書養女、信書
テンプレートを表示

松平 信進(まつだいら のぶゆき)は、江戸時代後期の大名駿河国小島藩9代藩主。滝脇松平家16代。官位従五位下丹後守

略歴[編集]

出雲国松江藩8代藩主・松平斉恒の次男として誕生。誕生は文政元年(1818年)7月14日とする説もある。幼名は敬次郎。

嘉永4年(1851年)4月27日、先代の松平信賢の隠居により、その養嗣子として跡を継いだ。ペリー来航で政情不安が高まる中、軍制改革や専売制などを行なって藩政を再建した。

文久3年(1863年)正月24日、51歳で死去し、跡を養嗣子の信書が継いだ。墓所は東京都台東区下谷の英信寺。

系譜[編集]