松平信嵩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信嵩
時代 江戸時代中期
生誕 宝永7年(1710年
死没 享保16年7月27日1731年8月29日
改名 己之助、箕之助(幼名)→信嵩
戒名 昭真院
墓所 東京都台東区下谷の英信寺
官位 従五位下安房守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
駿河小島藩
氏族 形原松平家滝脇松平家
父母 父:松平信庸、養父:松平信治
兄弟 信岑庸倫庸親戸田種辰信嵩
秀子、芳、種子
昌信戸田種員[1]
テンプレートを表示

松平 信嵩(まつだいら のぶたか)は、江戸時代中期の大名駿河国小島藩3代藩主。小島藩滝脇松平家3代。官位従五位下安房守

略歴[編集]

丹波国篠山藩4代藩主・松平信庸(初代小島藩主松平信孝の弟)の六男として誕生。

享保6年(1721年)、従兄で先代藩主の信治の養嗣子となり、享保9年(1724年)の信治の死去により跡を継いだ。藩財政再建のため、領民から税を徴発するなどしたが効果は無かった。享保16年(1731年)7月27日に22歳で死去し、跡を長男・昌信が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 戸田氏住