松平信友 (小島藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信友
時代 江戸時代後期
生誕 寛政9年(1797年
死没 嘉永元年3月6日1848年4月9日
墓所 東京都台東区下谷の英信寺
官位 従五位下丹後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
駿河小島藩
氏族 滝脇松平家
父母 父:松平信圭、母:大岡忠喜
兄弟 信友土井昌成信厚忠告
渡辺隆正室
正室:青山幸孝
信書松平信賢正室
養子:信賢
テンプレートを表示

松平 信友(まつだいら のぶとも)は、江戸時代後期の大名駿河国小島藩7代藩主。小島藩滝脇松平家7代。官位従五位下丹後守

略歴[編集]

6代藩主・松平信圭の長男として誕生。

文化12年(1815年)、父の隠居により跡を継いだ。窮乏した藩財政の再建のため、「君臣百姓和同一致」を自ら制定して、領民に藩財政再建への理解を求めた。天保7年(1836年)5月14日、病を理由に娘婿で養嗣子の信賢に家督を譲って隠居し、嘉永元年(1848年)3月6日に52歳で死去した。墓所は東京都台東区下谷の英信寺。

系譜[編集]