滝脇松平家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滝脇松平家
家紋
変わり三つ扇
本姓 称・清和源氏
家祖 松平乗清
種別 武家
華族子爵
出身地 三河国加茂郡滝脇
凡例 / Category:日本の氏族

滝脇松平家(たきわきまつだいらけ)は、松平親忠の九男・乗清を祖とする松平氏の庶流。三河国加茂郡滝脇(現在の愛知県豊田市滝脇町)を領したことからこの名がある。江戸時代に、滝脇松平家を称する一族からは大名家1家(駿河小島藩主家)が出ている。

沿革[編集]

滝脇松平家の系譜については不明な点があり、『寛政重修諸家譜』(以下『寛政譜』)では「松平 滝脇」(巻十九)の見出しの下に旗本2家(松平乗高の子孫)のみを掲げている。小島藩主家(松平丹後守家)を含む系統(麻生松平家)については滝脇家の関連系譜として、「松平」(巻二十)の見出しの下に掲げて、考証を付している。

寛永諸家系図伝』(以下『寛永譜』)・『寛政譜』によれば、家祖の松平乗清は宗家の松平親忠の子で、大給松平乗元の弟である[1]。しかし『寛政譜』では松平監物家の家伝として、乗清を乗元の子とする「一説」があることを記すなど、大給松平家の庶流の可能性についても触れられている[1]

松平乗清は松平清康に仕えたが、弘治2年(1556年)3月25日に乗清・乗遠父子は戦死[2]。またこれに先立ち、乗遠の嫡男の正乗も大給松平親乗と戦って同年1月5日に戦死した[2]三河忿劇日近合戦を参照)。のちに正乗の弟の松平乗高は、復讐として大給城を攻め、親乗を敗走させた[2]。滝脇村の長松院は、乗清・乗遠・正乗の追善供養のために開基されたという[1]

松平乗高の系統[編集]

「丸に蔦」紋。『寛政譜』では、松平監物家・松平市郎右衛門家とも、家紋を「丸に蔦」「沢潟」としている[3]

松平乗高は家康に仕え、三河一向一揆二俣城攻めで軍功を挙げた[2]。小田原攻めに際しては小夜の中山で秀吉の饗応にあたり、事後に家康から褒賞されている[2]御留守居番を務めて組子120人を預けられた[2]。天正20年/文禄元年(1592年)没[2][4]

松平乗高の子・松平乗次は、家康に仕えて関ヶ原の戦いにも供奉し、三河国に600石の知行を与えられた(先祖の地である滝脇村を含む)。のちに徳川家光付きとなって御書院番組頭を務め、上洛に随行して従五位下に叙せられ、監物を称した[2]。『寛政譜』で滝脇家として扱われているのは、乗次の家を婿養子として継いだ正貞[注釈 1]の系統(松平監物乗道)、乗次の実子[注釈 2]乗久の系統(松平市郎右衛門乗武)の2家である。

麻生松平家[編集]

「蔦」紋。『寛政譜』では、松平岩次郎家は家紋を「丸に一文字」「桐」「蔦」としている[6]

天正12年(1584年)6月20日に尾張国蟹江(蟹江城合戦)で戦死した松平四郎右衛門正忠は、滝脇松平家の一族とされる[7]

『寛政譜』編纂時の松平岩次郎家の呈譜では、松平乗清の長男である親正(乗遠を次男とする)の子・清房が麻生(現在の岡崎市桜形町)を領し、清房の子が正忠であるという[7]。ただし『寛永譜』では「松平四郎右衛門」の先祖は浅生(麻生)の人とするのみで詳細を記していない。『寛政譜』では長い按文が付されており、乗清の没年や葬地が滝脇松平家(松平監物家)の家譜と一致せず、松平監物家の家譜には親正・清房を記していないことをもとに、この系統を滝脇家としては扱っていない[8]

『寛永譜』では「松平四郎右衛門」の子として「政次」を載せるが、松平岩次郎家の呈譜によれば正忠には正秀・正勝・勝秀の3男があり、正秀の跡を勝秀(『寛政譜』ではこの人物を「政次」としている)が継いだという[9]。政次(呈譜によれば勝秀あるいは正吉)の子・政重(呈譜によれば正遠)は御書院番を務めて1200石を領し、その系統が松平岩次郎正敏家である。

なお、政次の二男の三郎兵衛は母方の祖父・村串三左衛門の遺跡を継いだが、その弟の正吉が家を継いで苗字を松平に復した[6](ただし『寛政譜』編纂時の呈譜では三左衛門の記載を欠き、正吉が別家を立てたように記されているという[9])。正吉の養子となった正晴は、養子を迎えては実家に帰すことを3度繰り返したため、それ以上の養子縁組を認めないとする沙汰が下り、家が絶えた[6]

松平丹後守家(小島藩主家)[編集]

「丸に桔梗」紋。『寛政譜』では、小島藩主家は家紋を「丸に桔梗」「九曜」「蔦葉」としている[10]

松平乗清の5代孫で[11]、大坂夏の陣で戦死した松平正勝が、のちに小島藩主となる家(松平丹後守家)の祖である。

『寛政譜』によれば、乗清から正勝までの系譜は松平岩次郎家と同じで、正勝は松平正忠の二男とされている[9]。正勝の遺跡を継いだ重信(形原松平家出身)が当主であった時期に編纂された『寛永譜』では、形原松平家の支系として記載されており、別紋として「丸に桔梗」が挙げられていることから、『寛政譜』の按文では「この頃家を興せしが如し」と記している[9]

小島藩主家については各種の『武鑑』で、「世良田親忠公二男三州滝脇城主松平源四郎乗清五代孫」正勝から始まる系図を載せているが[12][13][14][15][16]、形原松平家の中で扱うものと[12][14]と、形原松平家とは別の系統として扱うものがある。独立の系統とする場合に系統名(「藤井」「形原」「松井」「桜井」等)の言及がないもの[13]と、「松平 世良田」として見出しが付される(「世良田松平家」として扱われている)ものがある[15][16]

正勝は徳川家康に旗本として仕え、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣で功績を立てたが、夏の陣の天王寺・岡山の戦いにて討死したため、徳川秀忠の命で形原松平家松平家信の次男・重信が婿養子として家督を継承した。重信は、正保2年(1645年)に従五位下丹後守に叙任、小姓組番頭、書院番頭、大番頭と役職を重ねて明暦2年(1656年)から駿府城代を務め、知行も1,200石から駿河国内5,000石まで増加した。

次代もまた形原松平家の丹波篠山藩主・松平典信の庶長子・信孝を養子を迎えた。信孝も累進を重ね、元禄2年(1689年)5月に若年寄となり、それまでの駿河6,000石に武蔵上野の両国の所領4,000石を加増され、合計1万石で大名となった。有能で知られたが病弱だった信孝は、翌元禄3年(1690年)10月18日に36歳で死去した。

次代の松平信治は、旗本の戸田重恒の次男であったが信孝の甥にあたり、養子入りして継承した。信治の時に武蔵・上野の所領を駿河国に移され、同国小島の地に陣屋を構えた。駿河小島藩1万石は幕末まで続いた。

明治初年、小島藩は上総国に移転され(桜井藩)、この地で廃藩置県を迎えた。最後の藩主松平信敏は明治2年(1869年)に家名を「滝脇」に改め、明治17年(1884年)に華族の爵位が導入されると子爵に叙せられた。

系図[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 甥にあたる。松平乗高の娘が青沼昌次に嫁ぎ、その間に生まれたのが正貞である[2]
  2. ^ 「二男」と表記されている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『寛政重修諸家譜』巻十九、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.102
  2. ^ a b c d e f g h i j 『寛政重修諸家譜』巻十九、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.103
  3. ^ a b 『寛政重修諸家譜』巻十九、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』pp.104-105
  4. ^ 松平乗高”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 2021年8月10日閲覧。
  5. ^ a b 『寛政重修諸家譜』巻十九、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.104
  6. ^ a b c d 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.108
  7. ^ a b c 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.105
  8. ^ a b 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』pp.106-107
  9. ^ a b c d e 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.106
  10. ^ a b 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.111
  11. ^ a b 『寛政重修諸家譜』巻二十、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.109
  12. ^ a b 『享保武鑑 2』(享保11年?、版元不明)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2532617/15
  13. ^ a b 『享保武鑑 2』(刊行年・版元不明)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2532618/18
  14. ^ a b 『享保武鑑 4巻[2]』(享保16年、須原茂兵衛)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2547216/18
  15. ^ a b 『安永武鑑 [3]』(安永9年、出雲寺和泉椽)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2571240/29
  16. ^ a b 『安政武鑑 4巻付1巻 [3]』(安政3年、千鐘房須原屋茂兵衛)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2547072/38

参考文献[編集]

  • 『寛政重修諸家譜』巻第十九
  • 『寛政重修諸家譜』巻第二十
  • 『大武鑑・中巻』(橋本博、名著刊行会)
  • 『編年江戸武鑑・文政武鑑5』(石井良助監修・柏書房