松平勝茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松平 勝茂(まつだいら かつしげ、生年不詳-天文2年3月20日1533年4月14日))は、室町時代後期の武将。通称越前守太郎左衛門

略歴[編集]

長勝の忠死が賞され加恩を受けた[1]。勝茂は親忠長親清康に仕え、しばしば軍功を立てた。天文2年3月20日、広瀬城主三宅高貞、寺部城主鈴木重辰らと交戦し息子の信茂と共に討死した[1]法名祐泉、享年60余。墓所は晴暗寺(愛知県豊田市[2]

参考文献[編集]

  • 『寛政重修諸家譜第1輯』(国民図書、1922年、200p)

脚注[編集]

  1. ^ a b 国民図書 1922, p. 200.
  2. ^ 松平郷松平家”. 2022年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]