松平松千代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 松千代(まつだいら まつちよ、文禄3年(1594年) - 慶長4年1月12日1599年2月7日)は、安土桃山時代大名深谷藩2代藩主。徳川家康の七男。母は側室・茶阿局松平忠輝の同母弟。

文禄2年(1593年)に長沢松平家当主で深谷藩主でもある松平康直が嗣子なくして没したため、その翌年、生後間もなく長沢松平家を継ぎ、深谷藩主となった。しかし、慶長4年(1599年)1月11日にわずか6歳で没。法名は栄昌院殿。跡を同母兄の忠輝が継いだ。

なお、上記の生没年は『徳川幕府家譜』に拠ったものであるが、『幕府祚胤伝』では「文禄元年(1592年)誕生、文禄3年(1594年)2月8日死去」とされており、忠輝とは双子の兄弟であったとする説もある。