松平清善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松平清善像(天桂院蔵)

松平 清善(まつだいら きよよし、永正2年(1505年) - 天正15年5月23日1587年6月28日))は、戦国時代から安土桃山時代の武将。松平親善の長男。竹谷松平家当主。子に松平清宗石川家成室。通称、與二郎、玄蕃允、備後守。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで、今川義元が討ち死にすると徳川家康に従い、今川氏から離反したため、人質として差し出していた娘は殺害された。永禄元年(1558年)に家康より、丸子城の守備を命じられる永禄5年(1562年)に鵜殿長照の居城・上ノ郷城を攻め落として功績を立てた。元亀3年(1572年)、遠州・宇津山城番となる。天正15年(1587年)に死去。享年82。