松平信利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信利
時代 江戸時代前期
生誕 万治2年4月24日1659年6月13日
死没 延宝4年11月28日1677年1月1日
改名 又七郎(幼名)、信利
墓所 京都府亀岡市古世町の光忠寺
官位 従五位下、主膳正
幕府 江戸幕府
丹波国篠山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平典信、母:板倉重宗の娘・専称院
兄弟 信孝信利信庸、ほか女子
正室:なし
実子:なし、養子:信庸

松平 信利(まつだいら のぶとし)は、丹波篠山藩の第3代藩主。丹波亀山藩形原松平家4代。

万治2年(1659年)4月24日、第2代藩主・松平典信の次男として江戸で生まれる。庶兄信孝駿府城代・松平重信の養嗣子となったため嫡子となった。寛文12年(1672年)11月に父が死去したため、翌寛文13年(1673年)1月19日に家督を継いだ。12月28日に従五位下・主膳正に叙位・任官する。

しかし若年のため、藩政は隠居していた祖父の松平康信によって行なわれた。延宝2年(1674年)8月、初めて篠山へ入封したが、翌延宝3年(1675年)5月、参勤交代で江戸に向かう途中で発病したため、篠山に帰国し養生につとめた。しかし病状は好転せず、延宝4年(1676年)11月28日に篠山で死去した。享年18。跡を同母弟で養子の信庸が継いだ。