松平親忠 (形原松平家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松平 親忠(まつだいら ちかただ、? - 天文10年10月3日1541年10月31日))は、形原松平家第3代当主。第2代当主松平貞副(さだすけ)の子[1]。幼名は弥太郎。家督を継いで、三河国形原城蒲郡市形原町東古城)主となる。佐渡守。

松平清康に仕えたが、天文4年(1535年守山城名古屋市守山区市場)での清康の殺害後、嫡子松平家広の妻として水野忠政の娘・於丈の方於上の方)を迎えるなど、西三河へ勢力を拡大する織田方との接近を図った。

天文10年(1541年)には東条城(愛知県西尾市吉良町駮馬)主吉良義昭を攻めており、この時期には岡崎松平広忠と同様、織田方への協力を余儀なくされた。

墓所は愛知県蒲郡市西浦町北馬場の光忠寺。法名は到運院殿峯誉西岸浄光。子は4代当主松平家広

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂寛政重修諸家譜』第1巻