東条城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
東条城
愛知県
東条城主廓 櫓門・櫓(模擬再建)
東条城主廓 櫓門・櫓(模擬再建)
別名 東条城
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 足利義氏
築城年 不明
主な城主 東条吉良氏、東条松平氏
廃城年 天正9年(1581年)
遺構 曲輪、土塁、堀
再建造物 模擬櫓門、模擬櫓
位置 北緯34度50分6秒
東経137度5分26秒

東条城(とうじょうじょう)は、愛知県西尾市吉良町駮馬字城山にあった、中世の日本の城平山城)。東条吉良氏東条松平氏の居城[1]

沿革[編集]

築城年代は不明。一説によると、承久3年(1221年)に、足利義氏が築き、三男吉良義継を入れる。以後、義継を祖とする前期東条吉良氏吉良尊義を祖とする後期東条吉良氏の居城となった。

城主の吉良氏は、戦国時代の義昭の時に永禄4年・同6年(1563年)と松平氏の攻撃に相次いで敗れて退城[2]、以後は東条松平家の居城となる。天正9年(1581年)城主松平家忠(甚太郎)が無嗣で病没し、家康の四男・松平忠吉が家忠養子となるが東条城には入らず、翌天正10年(1582年)には忠吉が駿河国沼津城主となり東条城は廃城となった。

脚注[編集]

  1. ^ 大久保忠教の『三河物語』では「東祥」、成島司直の『東照宮御実紀』巻二では「東條」と表記。
  2. ^ 下記参考文献の1、『三河物語』では、今川氏から独立後の徳川家康は、西三河統一戦で今川方の西尾城・東条城に攻め掛けた →「但シ、西尾之城と東祥之城ハ駿河方ナレバ、切々之御働キ成…」、また三河一向一揆の項目では、一揆勢が敗北すると城主の吉良義諦(義昭)はどうすることもできず家康に謝罪して東条城を出たとする。→「然間、義諦モナラセラレ給ハズ御侘事被成而、東祥之城ヲ下リサセ給得供…」。

参考文献[編集]

  1. 大久保忠教(原著)日本戦史会編 『三河物語』/日本戦史材料、日本戦史会、1890年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. 家康、西尾之城・東祥之城に働く
  2. 城主義諦、東条城を出る