松平信正 (丹波亀山藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信正
Matsudaira Nobumasa.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 嘉永5年4月29日1852年6月16日
死没 明治42年(1909年10月28日
戒名 恭徳院殿弘誉昌雲龍峰大居士
墓所 京都府亀岡市光忠寺
官位 従五位下、図書頭
幕府 江戸幕府
丹波亀山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平信豪、養父:松平信義
兄弟 信敏信正
正室:西尾忠受の娘、継室:宗義和の娘
信興(長男)、土御門晴行(次男)

松平 信正(まつだいら のぶまさ)は、丹波亀山藩の第8代(最後)の藩主。丹波亀山藩形原松平家13代。

嘉永5年(1852年)4月29日、第6代藩主松平信豪の七男として生まれる。はじめ家督は兄の信敏が継ぐ予定だったが、信敏が慶応元年(1865年)に死去したため、信正が第7代藩主信義養子となって、慶応2年(1866年)に家督を継いだ。

幕末期は佐幕派だったが、慶応4年(1868年)の戊辰戦争で新政府の圧力を受けて降伏し、東征に参加している。明治2年(1869年)の版籍奉還で亀山藩知事となり、伊勢亀山藩との混同を避けるために亀山を亀岡と改称した。明治4年(1871年)、廃藩置県知藩事を免官される。

明治12年(1879年)に大蔵省御用掛、明治14年(1881年)に四等検査官、明治22年(1889年)に帝室制度取調掛、明治23年(1890年)に元老院書記官となった。また、1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵し[1]、明治23年(1890年)7月から明治30年(1897年)7月まで貴族院子爵議員を務めている[2]

明治42年(1909年)10月28日に死去した。享年58。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』56頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
丹波亀山形原松平家初代
1884年 - 1909年
次代:
松平信興