松平家忠 (形原松平家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 家忠(まつだいら いえただ、天文16年(1547年) - 天正10年10月16日1582年11月11日))は、戦国時代安土桃山時代の人物。形原松平家第5代当主。通称紀伊守・又七郎、法名は淨雲。第4代当主松平家広の子。母は於丈の方水野忠政の娘)。徳川家康の従弟。弟に松平左近。正室は酒井正親の娘。子に松平家信摂津国高槻藩および下総国佐倉藩主)。

母の於丈の方は、於大の方松平広忠に離縁され実家の水野家へ戻された際、共に実家に戻されたと伝えられているが、小川雄は家忠の誕生が松平広忠と於大の方の離縁の数年後であることからその通説には矛盾があるとして、形原松平家は水野家と同調して広忠と対立していたとしている(東三河を平定した今川義元形原城奥平貞友に与えており、形原松平家が今川家によって一時的に形原を追われた可能性が高いとされる)[1]

その後、主家の松平家と同様今川家に従属し、家忠の弟の左近が竹千代と共に人質になり今川方に送られていたが、1560年に今川義元が桶狭間の戦いで討ち死にし、今川家が弱体化すると、主家の松平元康と共に形原松平家は今川家より離反したが、その際に左近は処刑されている。後に家忠が成人し当主となると、家康に従い、一向一揆と戦い、また、今川方の吉田城攻めにおいては奮戦して勝利し、左近の仇である小原鎮実を破った。後に駿河を追われ掛川城に逃れた今川氏真を家康が攻略した際には、氏真を北条氏の領地である伊豆国へ護送する任を果たした。1575年長篠の戦いにも参戦し活躍する。1582年に形原において死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 小川雄「戦国・豊臣大名徳川氏と形原松平氏」戦国史研究会 編『戦国期政治史論集 西国編』(岩田書院、2017年) ISBN 978-4-86602-013-6 P42-43