松平信敏 (形原松平家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 信敏(まつだいら のぶとし、嘉永2年(1849年) - 慶応元年5月19日1865年6月12日))は、丹波亀山藩の世子。第6代藩主・松平信豪の六男。正室は広瀬藩主・越前松平直寛の娘。官位は従五位下、若狭守。

信敏誕生以前に、父の養子となって藩主の座を継いでいた第7代藩主・信義の養子となる。しかし、家督を継ぐことなく慶応元年(1865年)に17歳で早世した。代わって、弟の信正が世子となった。