鵜殿長持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鵜殿長持
時代 戦国時代
生誕 永正10年(1513年
死没 弘治3年9月11日1557年10月13日)または永禄5年(1562年
別名 通称:藤太郎
官位 長門守(受領名)
主君 今川義元
氏族 鵜殿氏
父母 父:鵜殿長将
兄弟 長持長成長祐
今川氏親娘(今川義元の妹)
長照長忠
西郡局?[1]松平伊忠室、お田鶴の方
テンプレートを表示

鵜殿 長持(うどの ながもち)は、戦国時代武将今川氏の家臣。

略歴[編集]

三河国宝飯郡上ノ郷城(現在の愛知県蒲郡市神ノ郷町、『三河物語』では、西之郡之城とある)主で、今川義元の妹婿に当たる[2]。弘治3年(1557年)に没して、嫡子・長照が家督を継いでいる。

三河物語』では、その没年を永禄5年(1562年)としている。永禄3年(1560年)5月の桶狭間の戦いでは、織田信長方に身動きを封じられた大高城の解放に協力、功を挙げた。しかし、後続の本隊が信長に襲われ、義元が討たれると、三河の自領に逃げ帰っている。その後も、義元の縁戚であった立場に忠実で、三河における今川氏の家臣として忠誠を尽くした。だが、周辺に在った鵜殿の分家は岡崎の家康に与する事となり、今川方の最前線で孤立していった。永禄5年(1562年)には、家康方の攻撃を受ける。先遣の松平清宗などの攻撃は防ぎきるものの、岡崎の本隊が加わった攻城軍には抗いきれず上ノ郷城は陥落。子の長照と共に戦死した。孫の氏長氏次の兄弟は捕縛され、松平氏により人質とされた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 実際は長忠娘であるとも。蓮葉院、徳川家康側室
  2. ^ 『寛政重修諸家譜』巻七百四十二 鵜殿. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082713/508 。ただし、黒田基樹は『寛永諸家系図伝』にはそうした記述はなく、この間(江戸時代)に創作されたとする(黒田基樹『北条氏康の妻 瑞渓院』 平凡社〈中世から近世へ〉、2017年、P34.)。