牧野康命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
牧野康命
時代 江戸時代後期
生誕 文化6年11月21日1809年12月27日
死没 天保3年7月18日1832年8月13日
改名 尚吉(幼名)、康命
諡号 鶯山
戒名 善休院殿慶誉無彊万安大居士
墓所 長野県小諸市の牧野家墓地
官位 従五位下、遠江
幕府 江戸幕府
信濃小諸藩
氏族 牧野氏
父母 父:牧野忠精、養父:牧野康明
兄弟 忠鎮石川総親忠雅康命
正室:石川総佐の娘
養子:康哉牧野貞幹の子)

牧野 康命(まきの やすのぶ[1])は、信濃小諸藩の第8代藩主。越後長岡藩分家牧野家10代。

生涯[編集]

文化6年(1809年)11月21日、長岡藩主・牧野忠精の六男として生まれる。小諸藩の第7代藩主・牧野康明の養子となり、文政10年(1827年)の康明の死去により家督を継いだ。文政11年(1828年)12月16日に従五位下・遠江守に叙位・任官する。

天保3年(1832年)7月18日、江戸浜町屋敷で死去した。享年24。跡を養子の康哉が継いだ。

出典[編集]