高橋お伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋お伝(小林清親画)

高橋 お伝(たかはし おでん、本名:でん、嘉永3年(1850年) - 明治12年(1879年1月31日)は、日本で最後に斬首刑に処せられた女囚とされる女性仮名垣魯文の「高橋阿伝夜刃譚」のモデルとなり、「明治の毒婦」と呼ばれた。

略歴[編集]

  • 嘉永3年7月(1850年8月)- 上野国利根郡下牧村(現群馬県利根郡みなかみ町)に生まれ、生後すぐに養子に出される[1]。生年月日については月夜野町役場の戸籍では嘉永元年7月29日(1848年8月27日)となっている他、実家・養家の経歴書では同年8月13日(1848年9月10日)、他には嘉永4年(1851年)とする説がある[2]
  • 慶応2年12月(1867年1月) - 同郷の高橋浪之助と結婚、横浜へと移る[3]
  • 明治5年(1872年) 9月17日 - 浪之助が癩病を発病後死去。毒殺などと言われるが実際は逆で、お伝は厚い看病をしていたという[4]。その後、妾や街娼になり、逮捕まで同棲するやくざ者の小川市太郎と恋仲になる。
  • 明治9年(1876年)8月 - 市太郎との生活で借財が重なり、古物商の後藤吉蔵に借金の相談をしたところ、愛人になるなら金を貸すと言われる。
    • 8月26日 - 吉蔵の申し出を受け入れ、偽名を使い夫婦と偽装し東京・浅草蔵前片町の旅籠屋「丸竹」で同衾した。しかし、翌日になって吉蔵が突然翻意し、金は貸せないと言い出したため、怒ったお伝は剃刀で喉を切って殺害。翌日の午後まで寝床から出ず、食事を済ませた後、夕方、用を足しに行くと言い残し、財布の中の金を奪って逃走する。翌朝、宿の者が不審に思い、殺害が発覚。現場には姉の敵討ちと称した「書置」が残っていた。その後の捜査で、吉蔵、お伝ともに身元が割れた[5]
    • 9月9日 強盗殺人容疑で逮捕。逮捕後、姉の敵(かたき)と称しなかなか白状せず、吉蔵は血迷って自分で自らの喉を切ったと主張した。しかし、診断書、関係者の証言で、犯行が裏付けられ、ついに自供。取り調べが終わったのは明治11年10月23日で、市太郎と面会が許された[6]
  • 明治12年(1879年)1月31日 - 東京裁判所で死刑判決。市ヶ谷監獄で死刑執行。八代目山田浅右衛門の弟吉亮により、斬首刑に処された[7]。お伝は日本で最後に打ち首となった女囚とされることが多いが、定かでない部分もある。最後の遺体は警視庁第五病院で軍医の小山内建(小山内薫の父親)により解剖され、その一部(性器)の標本が衛生試験場に保存され、のち東京大学医学部、戦時中には東京陸軍病院に渡ったともいわれるが、詳細不明である[8]。その後小塚原回向院に埋葬された。墓は片岡直次郎鼠小僧次郎吉腕の喜三郎の墓に隣接して置かれている。

処刑の翌日から「仮名読新聞」「有喜世新聞」などの小新聞が一斉にお伝の記事を「仏説にいふ因果応報母が密夫の罪(「仮名読」)」、「四方の民うるほひまさる徳川(「有喜世新聞」)」といった戯作調の書き出しで掲載した[9]読売の自演により、口説き歌として流行した。これが後の「毒婦物」の契機となる。明治14年(1881年)4月、お伝三回忌のおりに仮名垣魯文の世話で、谷中霊園にもお伝の墓が建立された(遺骨は納められていない)。十二代目守田勘彌五代目尾上菊五郎初代市川左團次三遊亭圓朝三代目三遊亭圓生らがお伝の芝居を打って当たったのでその礼として寄付し建てたという。

お伝を描いた作品[編集]

  • 歌謡曲
    • お伝地獄の唄 藤田まさと作詞、大村能章作曲、新橋喜代三唄、ポリドール・レコード 昭和11年4月
  • 漫画
    • 上村一夫 『高橋お伝』 K&Bパブリシャーズ、2005年

トリビア[編集]

  • お伝の墓に参ると三味線が上達するという評判があり、三味線を習う者の墓参が伝逝去後の現在もかなりあるといわれる。

補注[編集]

  1. ^ 『維新の女』 楠戸義昭著、1992年、毎日新聞社、pp.200-201
  2. ^ 『江戸の百女事典』橋本勝三郎箸、新潮選書、1997年、pp.130-132
  3. ^ 『維新の女』 楠戸義昭著 1992年10月 毎日新聞社 p.201。
  4. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、82頁
  5. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、77-79頁
  6. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、79-81頁
  7. ^ 重松一義『日本刑罰史年表 増補改訂版』(柏書房、2007年)、『大江戸暗黒街 八百八町の犯罪と刑罰』(柏書房、2005年)。
  8. ^ 朝倉喬司 「高橋お伝」『毒婦伝 高橋お伝、花井お梅、阿部定』 中公文庫、2013年
  9. ^ 眞有 澄香『〈毒婦〉という教育』日本ペンクラブ 電子文藝館
  10. ^ 錦絵新聞の一。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]