渡部朔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡部 朔(わたなべ さく/はじめ、1862年11月22日文久2年10月1日) - 1930年昭和5年)3月11日)は日本の農学者、農政家、実業家。

幕臣の出自と沼津人脈[編集]

幕臣で英学者だった渡部温を父として江戸に生れる。明治初年に父が沼津兵学校教授となって赴任したため、それに従って父の義弟である、成澤知行および鋠(しん、後の八甲田山雪中行軍遭難事件時の大隊長・山口鋠)兄弟などの一族と共に沼津に移り、沼津兵学校付属小学校に学ぶ。廃藩置県後に沼津兵学校は廃止されたため東京に戻り、帝国大学農科大学から農商務省に入り、ドイツに留学した。

農芸化学から農政・金融へ[編集]

当初は農芸化学の分野で実績があり、お雇い外国人マックス・フェスカが著した「肥培論」の翻訳者として知られるが、次第にドイツ留学中に学んだ、農業者による信用組合などの組織論・金融論に関心を持つ。ドイツの制度(特に「ライファイゼン」型の組織)の適用を提唱して1897年(明治30年)の第11回帝国議会に農商務省から「産業組合法」案を提出するが、反対論が根強く審議未了となり、志を果たす事はできなかった。

実業界への転進[編集]

翌1898年(明治31年)、英学者から実業家へと転進していた父、温が死去したため、朔は農政の世界から身を引き、実業家として東京製綱東京瓦斯などの重役を務める。この間も、我が国の労働組合運動の萌芽のひとつである友愛会の成立に関係するなど、青年時代の志との繋がりも見える。

音楽・オペラ界への貢献[編集]

父の死後、朔は弟の渡部康三の親代わりとなっていたが、1903年(明治36年)、康三が東京音楽学校を卒業するに際して、祝い金として「有効に使うように」と申し添えて1000円を贈った。康三はこれを、学生による自主的な活動として、グルック作曲の歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」の上演に充て、それが日本人による最初のオペラ公演となった。その際、ラファエル・フォン・ケーベル博士等が指導に当った。

参考文献[編集]

  • 増井敬二 「日本のオペラ 明治から大正へ」民音音楽資料館 P.106
  • 瀧井敬子 「漱石が聴いたベートーヴェン」中公新書 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]