兵頭正懿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

兵頭 正懿(ひょうどう まさし、1847年11月15日(弘化4年10月8日[1][2] - 1910年明治43年)8月13日[3])は、幕末新谷藩士明治期の内務大蔵官僚検察官。官選千葉県知事

経歴[編集]

伊予国で新谷藩士・兵頭正行の長男[2]として生まれる[1]。幕末の江戸で国事に奔走し、明治元年(1868年)、三条実美の参謀を務めた[1]

明治2年(1869年明治政府に出仕し少史に任官。以後、記録権頭、秋田県参事島根県参事、長崎県参事などを歴任[1][4]

1875年、少検事となり、函館控訴院検事長、高等法院予審掛検事を歴任。福島事件高田事件を担当した[1][4]

1884年大蔵省に転じ、主税官、酒税課長、参事官、預金局長などを歴任。1893年3月20日、千葉県知事に就任。産業振興に尽力[1][4]1896年8月12日、知事を依願免本官となり退官[5]

その後、朝日鉱山(株)社長などを務めた[4]。墓所は青山霊園

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『愛媛県史 人物』513頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』初版、1096頁。
  3. ^ 東京朝日新聞』1910年8月16日、朝刊7頁「死亡広告」。
  4. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』333頁。
  5. ^ 『官報』第3938号、明治29年8月13日。
  6. ^ 『官報』第2538号「叙任及辞令」1891年12月14日。
  7. ^ 『官報』第2932号「叙任及辞令」1893年4月12日。
  8. ^ 『官報』第3972号「叙任及辞令」1896年9月23日。
  9. ^ 『官報』第1650号「授爵叙任及辞令」1888年12月27日。
  10. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。
  11. ^ 『官報』第3152号「叙任及辞令」1893年12月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 愛媛県史編さん委員会編『愛媛県史 人物』愛媛県、1989年。
  • 人事興信所編『人事興信録』初版、1903年。