広橋真光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広橋 真光(ひろはし ただみつ、明治35年(1902年)12月11日[1] - 平成9年(1997年)5月21日[2])は、昭和時代華族伯爵)・内務官僚近衛文麿東條英機両首相の秘書官を務める。戦後、千葉県知事を1か月だけ務めた。

来歴・人物[編集]

明治35年(1902年)、伯爵・広橋賢光の嫡男として誕生。明治43年(1910年)、襲爵。大正15年(1926年)に東京帝国大学を卒業し、翌年内務省に入省する。この年の12月2日、梨本宮家から規子女王が降嫁する。昭和15年(1940年)、近衛文麿首相の元で内閣総理大臣秘書官を務め、次の東條内閣でも留まった。

昭和22年(1947年)、千葉県知事小野哲が突如参議院選挙への出馬を表明して辞任したために同県知事に転じる。翌月には新憲法の元で公選による県知事が決定するまでの38日間職務にあたった。

その後は特別調達庁横浜局長などを務め、退官後は企業の取締役や「東條内閣総理大臣機密記録」(東京大学出版会)の編集事業に携わった。また、昭和25年(1950年)に行われた第2回参議院議員通常選挙自由党公認で全国区から立候補するが落選している。

栄典[編集]

家族[編集]

妻は梨本宮守正王の娘・規子。息子には守正王の養子となった梨本儀光がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、428頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1050頁。
  3. ^ 『官報』第5603号「叙任及辞令」1945年9月14日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
広橋賢光
伯爵
広橋家第2代
1910年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)
先代:
広橋賢光
広橋家
第32代当主
次代:
広橋儀光