中村浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 浩三(なかむら こうぞう、1917年大正6年)7月10日 - 2008年平成20年))は、日本のドイツ文学者翻訳家早稲田大学名誉教授

島根県生まれ。1944年早稲田大学文学部独文科卒。早稲田高等学校講師、1951年早大理工学部助教授、57年教授、68 - 74年語学教育研究所長、88年定年退任、名誉教授。1991年『少年ルーカスの遠い旅』で産経児童出版文化賞受賞。ドイツの児童文学を多く訳し、『大どろぼうホッツェンプロッツ』三部作がロングセラーとなっている。

共著[編集]

翻訳[編集]

  • シュトルム『三色すみれ』小峰書店 少年少女のための世界文学選、1951
  • ハインツ・リッセ『こうもり』新潮社、1956
  • オトフリート・プロイスラー『大どろぼうホッツェンプロッツ』偕成社、1966
  • ヴェーラ・フェラーミークラ『三人のシュタニスラウス かみ舟のふしぎな旅』偕成社、1967
  • 『ドイツ名詩選』山口四郎共訳注 三修社、1967
  • ヴェーラ・フェラーミークラ『三人のシュタニスラウス はらぺこのえんそく』偕成社、1968
  • タンクレート・ドルスト『青いまほうつかいとウィリー』偕成社、1969
  • ヴェーラ・フェラーミークラ『おばけのビートおばさん』偕成社、1969
  • プロイスラー『大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる』偕成社、1970
  • ハイドゥチェック『小さいほしがおちてきた』偕成社、1970
  • ヴィルヘルム・マッチィーセン『赤いUの秘密』学習研究社 少年少女サスペンス推理、1971
  • ヴェーラ=フェラ-ミークラ『ねずみたちがあぶない 三人のシュタニスラウス』偕成社、1971
  • プロイスラー『大どろぼうホッツェンプロッツ 三たびあらわる』偕成社、1975
  • デイビッド・マッキー『六にんの男たち』偕成社、1975
  • オトフリート=プロイスラー『クラバート』偕成社、1980 のち文庫
  • オトフリート=プロイスラー『みどり色のつりがね』偕成社、1980
  • オトフリート=プロイスラー『小人ヘルベのぼうけん』偕成社、1984 のち文庫
  • プロイスラー『小人ヘルベと大食らいのツボッテル』偕成社、1985
  • ヴィリ=フェーアマン『少年ルーカスの遠い旅』中村采女共訳 偕成社、1991
  • プロイスラー『先生は魔法つかい? ドイツの童話』偕成社、1991 のち文庫

参考文献[編集]

  • 中村浩三先生略歴・研究業績等(中村浩三教授古稀記念論文集)人文社会科学研究、1988年3月
  • 『人事興信録』1995年