広島平和記念都市建設法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
広島平和記念都市建設法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和24年法律第219号
効力 現行法
種類 地方特別法
主な内容 広島市の都市計画に関する法律
関連法令 都市計画法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

広島平和記念都市建設法(ひろしまへいわきねんとしけんせつほう)とは広島市の都市建設に関する法律。

経緯[編集]

広島市への原子爆弾投下によって廃墟となった広島市を復興させるため、国による補助率の引き上げや国有財産の譲与を認めることが検討された。

1949年に当時の浜井信三市長を中心に特別立法誓願運動を時のGHQや外国人新聞記者、政府や各政党に対して働きかける。法案起草は広島出身で、参議院議事部長であった寺光忠が担当し、田中二郎東京大学教授、元(官選)広島県知事であった当時の都市計画協会理事長・飯沼一省の働きかけで都市建設関係機関等を委員とする広島原爆災害総合復興対策協議会が目を通した後、同年5月、国会において広島平和記念都市建設法案が可決。その後、同年7月7日に行われた日本国憲法第95条による初の住民投票において過半数賛成を得て、8月6日に公布・施行された。

住民投票[編集]

広島平和記念都市建設法に関する住民投票
広島平和記念都市建設法の賛否
開催地 日本の旗 日本広島県広島市
開催日 1949年7月7日 (1949-07-07)
結果
投票数 %
Yes check.svg 賛成 71,852 91.89%
X mark.svg 反対 6,340 8.11%
有効投票数 78,192 99.02%
無効もしくは白票数 770 0.98%
投票総数 78,962 100.00%
登録有権者数 121,437 65.02%
出典:地方自治特別法の憲法問題
広島平和記念都市建設記念切手(1949年8月6日発行)

備考[編集]

関連項目[編集]