蔵原敏捷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蔵原敏捷

蔵原 敏捷(くらはら としかつ、1888年8月15日 - 1945年8月7日)は、日本政治家。元和歌山県知事衆議院議員(3期)。

概要[編集]

熊本県下益城郡小川町(現・宇城市)出身。小川小八代中五校東大法学部政治学科卒業[1]。1930年、和歌山県知事に就任。1931年12月18日に休職[2]1932年1月29日、依願免本官となり退官した[3]

1936年、第19回衆議院議員総選挙国民同盟から立候補し初当選。1937年、第20回衆議院議員総選挙で再選。1942年、第21回衆議院議員総選挙翼賛政治体制協議会の推薦で立候補し再選。1945年、熊本で空襲に遭い死去[4]

脚注[編集]

  1. ^ 小川町史編纂委員会編纂「小川町史」小川町役場(熊本県)、1979、1052頁
  2. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。
  3. ^ 『官報』第1523号、昭和7年1月30日。
  4. ^ 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』(大蔵省印刷局、1990年)に「昭和20年8月7日死去」。『九州人国記』(熊本日日新聞社、1966年)454頁には「戦争末期、病気の実母を見舞うため帰郷したさい、運悪く熊本市の旅館で空襲にあつて爆死した」との記述がある。

関連項目[編集]