野崎欣一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野崎 欣一郎
のざき きんいちろう
生年月日 1922年1月16日
没年月日 (1975-04-02) 1975年4月2日(53歳没)
出身校 京都帝国大学法学部
所属政党 無所属

滋賀県の旗 公選第6-7代 滋賀県知事
当選回数 2回
在任期間 1966年12月7日 - 1974年12月6日
テンプレートを表示

野崎 欣一郎(のざき きんいちろう、1922年1月16日 - 1975年4月2日)は日本の政治家滋賀県知事を2期8年務めた。

生涯[編集]

姫路高等学校を経て京都帝国大学法学部を卒業後、滋賀県に入庁。総務部長、副知事を務めた後、1966年自民党社会党民社党の推薦を得て滋賀県知事に初当選。45歳で全国最年少の知事となった。3選を目指した1974年の選挙で、革新系各党が推薦する武村正義に6,300票差で敗れた。1975年3月、旅行先の台湾で持病の糖尿病肝硬変が悪化し、4月2日、肝硬変のため死去した。