波多野伝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
波多野伝三郎

波多野 伝三郎(はたの でんざぶろう、1856年9月20日(安政3年8月22日)- 1907年明治40年)2月13日[1])は、明治期の政治家教育者衆議院議員、官選福井県知事。旧姓・前田。

経歴[編集]

越後長岡藩士・前田茂左衛門の息子として生まれ、明治2年(1869年)、波多野影雲の養子となる[2]1874年に上京し、尺振八共立学舎で学び、その後、同教授、舎長を務めた[1][2][3]1879年嚶鳴社に加入。1880年文部省に出仕。1881年、退官して『東京横浜毎日新聞』に入社し1886年まで在社[1]

1882年立憲改進党の結党に加わり、その後もその立場を守った。1888年新潟県会議員に当選[1]1891年5月、第1回衆議院議員総選挙・新潟県第五区の補欠で当選。以後、第2回第4回第5回第9回総選挙で当選し、衆議院議員を通算五期務めた[3]

1897年4月、第2次松方内閣により福井県知事に登用された。自由党の勢力が強い福井県会と対立し、波多野が消極的であった治水対策について、県会は波多野の不信任案を意味する「治水に関する建議案」を可決した[2]。波多野は県会を解散したが[1]、1897年11月13日、依願免本官となり退官した[4]

その他、宝田石油会社監査役、南北石油会社監査役、国有共同販売所監査役を務めた[3]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『朝日日本歴史人物事典』1324頁。
  2. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』470頁。
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』498頁。
  4. ^ 『官報』第4313号、明治30年11月15日。
  5. ^ 『官報』第4172号「叙任及辞令」1897年6月1日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年。