中谷秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中谷秀

中谷 秀(なかたに しゅう、1885年明治18年)8月29日[1] - 1973年昭和48年)9月11日[2])は、日本の内務官僚。官選鳥取県知事

経歴[編集]

島根県に中谷初十郎の四男として生まれる[1]1913年大正2年)に明治大学法科を卒業し[3]高等文官試験に合格[1]愛媛県属、愛媛県理事官山口県理事官、長崎県理事官、奈良県警察部長富山県警察部長石川県内務部長、岩手県内務部長、愛知県内務部長などを歴任[1]1934年(昭和9年)に第28代鳥取県知事に就任し[1]室戸台風復興に尽力した。1936年(昭和11年)、退官[4]。退官後は出雲電気株式会社専務、同副社長に就任した[4]。のち全国購買販売組合連合会専務理事、農村科学研究所所長、日本澱粉株式会社監査役、東洋組網工業株式会社顧問、大隈鉄工所株式会社顧問を務めた[4]。他に全国農業会理事等。

親族[編集]

  • 高岡直吉 - 妻の父。宮崎県知事・島根県知事・鹿児島県知事・門司市長・札幌市長。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録 第10版』
  2. ^ 『昭和物故人名録』 日外アソシエーツ、1983年。
  3. ^ 『昭和十二年十一月 明治大学一覧』、1937年、卒業生年度別p.47。
  4. ^ a b c 『人事興信録 第14版』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第10版(下)』 人事興信所、1934年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年

外部リンク[編集]