石井保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石井保

石井 保(いしい たもつ、1887年明治20年)3月15日 - 1976年昭和51年)2月1日[1])は、日本内務官僚憲政会系官選鳥取県知事台湾総督府警務局長

経歴[編集]

埼玉県浦和町(現さいたま市)出身。高砂小学校長・石井弓一の二男として生まれる。浦和中学校第一高等学校を経て、1912年東京帝国大学法科大学を卒業[1]。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格[2]1913年1月27日、内務省に入省し東京府試補となる[3]

以後、警視庁特別高等課長、福井県警察部長、福岡県警察部長、神奈川県警察部長、警視庁書記官・衛生部長[4]、同警務部長などを歴任[1]

1926年9月、鳥取県知事に就任。警察官吏の待遇改善、県立蚕業学校新設、道路橋梁の修繕などに尽力[5]1927年5月17日、知事を休職となる[6]1929年8月、台湾総督府警務局長に就任[7]1931年1月20日、霧社事件の引責で依願免本官となり退官した[2][8]。その後、東京瓦斯会社重役を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『埼玉人物事典』69頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』203頁。
  3. ^ 『官報』第147号、大正2年1月28日。
  4. ^ 『官報』第3704号、大正13年12月25日。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』765頁。
  6. ^ 『官報』第113号、昭和2年5月18日。
  7. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』128頁。
  8. ^ 『官報』第1216号、昭和6年1月21日。

参考文献[編集]