林敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林 敬三
Keizo Hayashi 01 (cropped version).jpg
1954年
生誕 1907年1月8日
死没 (1991-11-12) 1991年11月12日(84歳没)
所属組織 No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1950 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1964(陸自)
最終階級 JGSDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる陸将
除隊後 日本赤十字社社長
テンプレートを表示

林 敬三(はやし けいぞう、1907年明治40年)1月8日 - 1991年平成3年)11月12日)は、日本内務官僚陸上自衛官東京帝国大学卒業(法学部卒)。初代統合幕僚会議議長。第11代日本赤十字社社長。陸軍中将林弥三吉の息子である。正三位勲一等旭日大綬章

警察予備隊中央本部長から数えて、14年間もの長期間に渡って自衛隊の頂点にあった。自衛隊創設初期においては旧内務官僚出身者が要職を占め、特に陸上自衛隊においては「内務軍閥」とも呼ばれる勢力が出来上がり、その後の旧陸軍出身幹部との主導権争いの要因の一つとなった。そのため、本来は「選挙を通じて国民から信託された政治家による、民主的正統性(正当性)をもった軍事力(≒防衛官庁および自衛隊)の統制」を意味する『文民統制の原則』が、「文官(官僚)による武官の統制」(文官統制)とされる誤った解釈と運用がまかり通るようになり、その影響は警察予備隊時代から数えると創設から65年にわたり残存することとなった(内局の問題。シビリアンコントロール日本国憲法第66条も参照)。

略歴[編集]

1952年10月15日の保安隊創立記念式典での林(写真中央、制服姿の人物)
8月2日:宮内府次長
12月29日:警察予備隊総隊総監
4月29日:勲一等瑞宝章
  • 1978年(昭和53年)4月1日:日本赤十字社社長
  • 1983年(昭和58年)7月:日本善行会会長
  • 1987年(昭和62年)3月31日:日本赤十字社社長退任
11月3日:勲一等旭日大綬章

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鳥取県 (1969). 鳥取県史 近代第2巻 政治篇. p. p. 677. 
  2. ^ 『官報』第7369号(昭和26年8月2日)
  3. ^ 官報. 大蔵省印刷局. (1991). p. 37. https://books.google.com.tw/books?id=mXhWAAAAMAAJ&q=%22%E6%9E%97%E6%95%AC%E4%B8%89%E6%AD%A3%E4%B8%89%E4%BD%8D%E3%81%AB%E5%8F%99%E3%81%99%E3%82%8B%22&dq=%22%E6%9E%97%E6%95%AC%E4%B8%89%E6%AD%A3%E4%B8%89%E4%BD%8D%E3%81%AB%E5%8F%99%E3%81%99%E3%82%8B%22&hl=zh-TW&sa=X&redir_esc=y. 
  4. ^ 大蔵省印刷局『官報』第782号11ページ「叙位・叙勲 ○叙位」、1991年11月20日
  5. ^ FOREIGN GEN. KEIZO HAYASHI, chief of staff of Japan's self-defense forces, today was awarded the Legion of Merit in the degree of commander by the United States, Tucson Daily Citizen, (1958-11-10), p. p. 12, "The presentation was made by U. S. Ambassador Douglas MacArthur II at a reception in honor of the Japanese commander in the Americain Embassy in Tokyo. Hayashi, a civilian during World War II, was the first Japanese to receive the medal." 

関連項目[編集]


その他の役職
先代:
東龍太郎
日本赤十字社社長
第11代:1978 - 1987
次代:
山本正淑
先代:
東龍太郎
日本善行会会長
第6代:1983 - 1990
次代:
鈴木俊一