岡部俊哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡部 俊哉
第35代陸上幕僚長 岡部 俊哉.jpg
第35代陸上幕僚長 岡部 俊哉
生誕 1959年2月
日本の旗 日本 福岡県
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1981年 - 2017年
最終階級 JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将
テンプレートを表示

岡部 俊哉(おかべ としや、1959年昭和34年)2月[1]- )は、日本の元陸上自衛官。第35代陸上幕僚長

概要[編集]

福岡県出身。1等陸佐までの職種は普通科。空挺及び幹部レンジャー課程修了。空挺団初級幹部当時、日本航空123便墜落事故における災害派遣活動において第1陣部隊の小隊長の1人として出動したことで知られる。その後第1空挺団長、第6師団長、北部方面総監等の要職を経て、2016年(平成28年)7月1日付で第35代陸上幕僚長に就任[2]岩田清文陸幕長時代から続く多くの重大服務事故に揺れる陸上自衛隊の立て直しを図ろうとしたが、2017年(平成29年)3月に南スーダンPKOにおける自衛隊の日報破棄をめぐる問題が勃発し、6月から自身を含めた特別防衛監察を受察。監察結果に日報の存在を非公表とした方針の決定に関与していたことから管理監督責任(文書管理義務違反)を問われ、就任からわずか1年で退官。

略歴[編集]

3月27日:陸上幕僚監部運用支援・情報部運用支援課長
8月4日:陸将補昇任、第1空挺団長兼習志野駐屯地司令

脚注[編集]

  1. ^ 防衛年鑑(2010年版) ISBN 9784938468316 551頁
  2. ^ 陸上幕僚長に岡部氏起用(日本経済新聞:2016/6/17)

出典[編集]

先代:
田邉揮司良
北部方面総監
第35代:2015年 - 2016年
次代:
山崎幸二