火箱芳文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
火箱 芳文
Yoshifumi Hibako cropped Yoshifumi Hibako and George W Casey Jr 20090824.jpg
2009年8月24日帝国ホテルで開催された
太平洋地域陸軍参謀総長等会議にて
生誕 1951年5月
日本の旗 日本 福岡県
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1974 - 2011
最終階級 JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将
除隊後 三菱重工業株式会社顧問
テンプレートを表示

火箱 芳文(ひばこ よしふみ、1951年昭和26年)5月[1] - )は、日本陸上自衛官三菱重工業株式会社顧問全日本柔道連盟理事

概要[編集]

福岡県出身の陸上自衛官である。第10師団師団長や中部方面総監部総監を経て、第32代陸上幕僚長に就任した。

2009年に訪米した際には、アーリントン国立墓地ウォルター・リード陸軍医療センター英語版のほか、ワシントンD.C.第二次世界大戦日系アメリカ人愛国記念碑英語版を訪れた[2]。当時陸上幕僚長だった火箱は、それまで同記念碑を訪れた者のうち最高位の自衛官であったという。

2011年に退官し、その後は三菱重工業に顧問として再就職した[3]日本戦略研究フォーラム評議員[4]国家基本問題研究所理事[5]も務める。

略歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 火箱芳文 『即動必遂』 マネジメント社、2015年ISBN 4837804713

脚注・出典[編集]

  • 防衛省人事発令(2007年~2011年)
[ヘルプ]
  1. ^ 防衛年鑑(2010年版) ISBN 9784938468316
  2. ^ JAVA ADVOCATE (October 2009)”. Japanese American Veterans Association. 2015年5月15日閲覧。
  3. ^ 議決案(24.3.5及び19) (PDF)”. 防衛省. 2015年5月15日閲覧。
  4. ^ 役員・政策提言委員等”. 日本戦略研究フォーラム. 2015年5月15日閲覧。
  5. ^ 役員紹介”. 国家基本問題研究所. 2016年9月29日閲覧。
  6. ^ 陸幕長が訪米勲功章を受章『朝雲』2011年6月[リンク切れ]
  7. ^ GENERAL ORDERS NO.2013–39 (PDF)”. US Army. 2015年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
中村信悟
中部方面総監
第27代:2008年 - 2009年
次代:
角南俊彦