岩田清文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩田 清文
第34代陸上幕僚長 岩田 清文.jpg
生誕 1957年2月3日
日本の旗 日本 徳島県
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1979 - 2016
最終階級 JGSDF General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将
除隊後 三菱電機株式会社顧問
テンプレートを表示

岩田 清文(いわた きよふみ、1957年昭和32年)2月3日[1] - )は、日本陸上自衛官。第34代陸上幕僚長

概要[編集]

徳島県出身。1等陸佐までの職種は機甲科。初代統合幕僚長を務めた先崎一陸将以来10年ぶりとなる北部方面総監からの陸幕長就任となった。約3年にわたり陸上幕僚長を務め、次期統合幕僚長の候補と目されていたが、在任後期には数多くの重大事案[2]が発生。最後は方面総監を務めた北部方面隊の隊員による小銃誤射事案が決定打となり、同事案の管理監督責任を取る形で退官に追い込まれた。

選択出版によると、陸上自衛隊制服を、2018年末に現行のモスグリーンから、統合幕僚監部のイメージカラーである「紫色」に変更する構想は、統幕長を狙いながら勇退を余儀なくされた岩田の「置き土産」であるとされる[3]。ほか、週刊ダイアモンドによると、陸上自衛隊の特別儀仗隊の制服が52年ぶりに変更されたことに続く第2陣として「常服」のモデルチェンジが行われる予定であり、陸上自衛官13.9万人が対象となる。新制服は統合幕僚監部のカラーである「紫色」に変更されるとされ、新制服への変更を強く推したのは、「昨年6月に退任した元陸上幕僚長」であるとされている[4]

略歴[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.187
  2. ^ 防衛不祥事2015年 - 2016年の項を参照
  3. ^ 陸上自衛隊の制服が「紫色」へ――前陸幕長の「置き土産」が現実味 選択出版 2017/3/29(水) 9:30配信 (archive.isによる2017年3月29日分キャッシュ)
  4. ^ 『週刊ダイアモンド』 2017年8月26日号 ダイアモンド社 p.45
  5. ^ 自衛隊法第65条の11第5項の規定に基づく自衛隊員の再就職状況の報告(平成29年1月1日~同年3月31日分) 防衛省 2017年7月4日.2018年8月28日閲覧。
  6. ^ 朝雲新聞(2014年10月23日付)
先代:
千葉徳次郎
北部方面総監
第33代:2012年 - 2013年
次代:
田邉揮司良