白川元春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白川 元春
生誕 1918年1月2日
日本の旗 日本 東京府
死没 (2008-08-18) 2008年8月18日(90歳没)
日本の旗 日本 埼玉県
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1939 - 1945(日本陸軍)
1954 - 1976(空自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―少佐.svg 陸軍少佐(日本陸軍)
JASDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる空将(空自)
テンプレートを表示

白川 元春(しらかわ もとはる、1918年大正7年)1月2日 - 2008年平成20年)8月18日[1])は、日本陸軍軍人航空自衛官である。第11代航空幕僚長、第8代統合幕僚会議議長長沼ナイキ事件の処理に当たった。男爵陸軍大臣白川義則の三男。

略歴[編集]

東京府出身[1]東京府立六中を経て陸軍航空士官学校に入学。

10月:航士生徒隊付
3月:陸軍大尉に進級
12月:陸軍大学校58期)入校
  • 1944年(昭和19年)5月:陸軍大学校卒業
6月:鉾田教導飛行師団司令部付
8月:陸軍少佐に進級
10月:第2飛行師団参謀
7月1日:空将補に昇任
12月16日:西部航空方面隊司令官
8月10日:航空幕僚副長

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “白川元春氏死去 元統合幕僚会議議長”. 47NEWS. (2008年8月18日). http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008081801000924.html 2014年11月23日閲覧。 
  2. ^ 『官報』本紙第8354号(昭和29年11月5日)
  3. ^ 『官報』本紙第4919号(昭和63年4月30日)
  4. ^ 『官報』本紙第4919号(平成20年9月24日)

参考文献[編集]