矢田次夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢田 次夫
生誕 1923年5月
日本の旗 日本 鳥取県 倉吉市
死没 2012年4月24日
日本の旗 日本 神奈川県 海老名市
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
No image available.svg 海上警備隊
Flag of Coastal Safety Force of Japan 2012-03-04.jpg 警備隊
Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1943 - 1945(日本海軍)
1952 - 1954(警備隊)
1954 - 1983(海自)
最終階級 OF-2 - Kaigun Taii (collar).gif 海軍大尉(日本海軍)
JMSDF Admiral insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる海将(海自)
除隊後 三菱重工業顧問
テンプレートを表示

矢田 次夫(やだ つぎお 、1923年大正12年)5月 - 2012年平成24年)4月24日)は、日本海軍軍人及び海上自衛官海軍兵学校卒業(第72期)。第13代海上幕僚長、第13代統合幕僚会議議長

略歴[編集]

鳥取県倉吉市出身。倉吉中学を経て海軍兵学校を卒業。太平洋戦争中は主として潜水艦に乗組み、終戦は太平洋上で当時世界最大の潜水艦「伊四〇一」で迎えた[1]横須賀に帰港した途端、他の姉妹艦2隻の乗員とともに全員捕虜となった。伊四百型潜水艦を接収するための整備補修を命じられ、終戦後にもかかわらず米軍の監視の下、約40日間収容所生活を送った[1]。その後、復員局に召集され復員輸送に従事[1]。海上自衛隊に入隊後は海幕防衛部長、佐世保地方総監自衛艦隊司令官などの要職を経て第13代海上幕僚長に就任。その後、第13代統合幕僚会議議長を務めた。

年譜[編集]

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1993年(平成5年)11月3日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 朝雲新聞(昭和55年3月6日)「この人と10分間」
  2. ^ 昭和18年9月15日 海軍辞令公報(部内限) 第1213号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072118400 
  3. ^ 昭和18年11月15日 海軍辞令公報(部内限) 第1261号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072119600 
  4. ^ 昭和19年3月15日 海軍辞令公報(部内限) 第1370号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072122900 
  5. ^ 昭和19年4月15日 海軍辞令公報(部内限) 第1423号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097300 
  6. ^ 昭和19年5月1日 海軍辞令公報(部内限) 第1451号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097900 
  7. ^ 昭和19年8月8日 海軍辞令公報 甲 第1567号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100600 
  8. ^ 昭和19年9月17日 海軍辞令公報 甲 第1596号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100900 
  9. ^ 昭和19年12月6日 海軍辞令公報 甲 第1661号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102200 
  10. ^ 昭和20年1月20日 海軍辞令公報 甲 第1698号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072125400 
  11. ^ 昭和20年6月23日 海軍辞令公報 甲 第1835号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072131600 
  12. ^ 昭和20年11月6日 海軍辞令公報 甲 第1973号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072148900 
  13. ^ 昭和20年11月22日 海軍辞令公報 甲 第1989号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072157300 
  14. ^ 昭和21年1月25日 第二復員省辞令公報 甲 第43号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072162300 
  15. ^ 昭和22年1月30日 復員庁第二復員局辞令公報 甲 第130号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072160100 
  16. ^ 昭和22年11月24日 第二復員局公報 第157号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070540800 
  17. ^ 『官報』号外第189号(平成5年11月4日)
  18. ^ 時事通信 2012年4月29日付、2012年4月30日閲覧 『矢田次夫氏死去(元統合幕僚会議議長、元海将)』
  19. ^ 正七位から昇叙『官報』本紙第5811号(平成24年5月31日)