高品武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高品 武彦
生誕 1922年1月
日本の旗 日本 東京府
死没 2004年12月18日
日本の旗 日本 東京都 新宿区
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1940 - 1945(日本陸軍)
1952 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1979(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―大尉.svg 陸軍大尉(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる陸将(陸自)
テンプレートを表示

高品 武彦(たかしな たけひこ、1922年大正11年)1月 - 2004年平成16年)12月18日)は、日本陸軍軍人及び陸上自衛官陸軍士官学校卒業(第54期)。第13代陸上幕僚長を経て、事実上解任された栗栖弘臣の後任の第11代統合幕僚会議議長に就任した。

略歴[編集]

父はグアムの戦い戦死した第29師団長高品彪陸軍中将。高品朋陸軍少将叔父にあたる。小学校を出てすぐ陸軍幼年学校に入学し、陸軍士官学校へ進む。1940年(昭和15年)、陸士卒業と同時に中国華南に赴任した。太平洋戦争中は、マレーシンガポールスマトラを転戦し、1943年(昭和18年)、陸軍士官学校区隊長となる。大尉で終戦を迎えた[1]1952年(昭和27年)、警察予備隊に入隊。その後、陸上自衛隊では第3師団長、東部方面総監等を歴任。三矢研究では中心的役割を果たしたとされる。

年譜[編集]

1月1日:1等陸佐に昇任
7月16日:陸上幕僚監部第3部防衛班長
3月16日:陸上自衛隊幹部学校長に就任
10月15日:第13代東部方面総監に就任

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1992年(平成4年)4月29日

脚注[編集]

  1. ^ 朝雲新聞(昭和52年11月10日)「この人と十分間」
  2. ^ 『官報』号外第58号(平成4年4月30日)
  3. ^ 読売新聞(平成16年12月20日・第39面)
先代:
栗栖弘臣
東部方面総監
第13代:1976年 - 1977年
次代:
永野茂門