上村健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上村 健太郎
Kentarō Uemura April 1 1956 Yomiuri.png
航空幕僚長当時の上村
生誕 1908年7月18日
日本の旗 日本 兵庫県
死没 (1981-08-04) 1981年8月4日(73歳没)
日本の旗 日本 東京都新宿区[1]
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1950 - 1956
最終階級 JASDF Lieutenant General insignia (a).svg 航空幕僚長たる空将
除隊後 調達庁長官
日本道路公団総裁
東京12チャンネルプロダクション社長
立飛企業社長
テンプレートを表示

上村 健太郎(うえむら けんたろう、1908年明治41年)7月18日 - 1981年昭和56年)8月4日)は、兵庫県出身の内務官僚航空自衛官である。初代航空幕僚長

経歴[編集]

1908年(明治41年)7月18日兵庫県で陸軍中将上村良助の長男として生まれる。東京府立四中旧制一高卒業。府立四中、一高同期に河野一之佐々木直がいる。1930年(昭和5年)東京帝国大学法学部政治学科卒業。内務省入省。1944年(昭和19年)8月警視庁官房主事。1945年(昭和20年)4月:警視庁特別高等警察部長に就任。

1952年(昭和27年)9月保安庁長官官房長。1954年(昭和29年)7月初代航空幕僚長に就任。[2]防衛庁発足に伴い首脳部入れ替えを企画した木村篤太郎保安庁長官は、次長を増原惠吉から上村に変更しようとしたが、上村は「増原の後任に座ることは困る」と固辞し航空幕僚長に就任した[3]。 上村の空幕長就任の背景には、警察予備隊(保安隊)・海上警備隊より遅れて発足した航空自衛隊の初代幕僚長の座をめぐって旧陸海軍の出身者が争ったため、文官である警察(内務省)出身者である上村に白羽の矢が立ったということがある。

1956年(昭和31年)7月退官。1957年(昭和32年)7月調達庁長官に就任。

1958年(昭和33年)4月総理府総務副長官(事務担当)に就任(2ヶ月間)。1960年(昭和35年)4月日本道路公団副総裁に就任。1962年(昭和37年)3月日本道路公団総裁に就任。1966年(昭和41年)5月日本道路公団総裁を退任。1968年(昭和43年)東京12チャンネルプロダクション(現在の株式会社テレビ東京)社長に就任(1969年(昭和44年)11月退任)、1972年(昭和47年)立飛企業社長に就任、のち会長を務めた。1981年(昭和56年)8月4日死去。従三位勲二等旭日重光章を叙勲。

栄典[編集]

  • JPN Kyokujitsu-sho 2Class BAR.svg 勲二等旭日重光章 - 1981年(昭和56年)[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ “上村健太郎氏(元日本道路公団総裁、立飛企業会長)死去”. 読売新聞 夕刊. (1981年8月4日). p. p A11 
  2. ^ 増田弘『自衛隊の誕生』中公新書頁
  3. ^ 増田弘『自衛隊の誕生』中公新書230頁