菅谷定彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すがや さだひこ
菅谷 定彦
生誕 (1939-01-07) 1939年1月7日(78歳)
兵庫県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 早稲田大学第一政治経済学部
職業 実業家
活動期間 1961年 - 現在
肩書き テレビ東京代表取締役社長
任期 2001年6月 - 2007年6月
前任者 一木豊
後任者 島田昌幸
配偶者 あり
松澤初穂(母)
親戚 田実渉(元三菱銀行会長)

菅谷 定彦(すがや さだひこ、1939年1月7日 - )は、日本のマスメディア界のリーダーの一人で、株式会社テレビ東京取締役相談役

人物[編集]

兵庫県出身。日本経済新聞社から1999年にテレビ東京に転出し、2001年に同社代表取締役社長に就任。2007年6月22日付けで、代表取締役会長に就任。2010年6月取締役会長。2011年6月24日付けで現職。 

赤穂浪士の一人菅谷政利の子孫である。実父は同志社大学で相撲部の主将を務め[1]、第12回全国学生相撲選手権大会個人戦で優勝(第12代学生横綱)した菅谷定であり[2]、母は1932年ロサンゼルスオリンピック競泳日本代表の菅谷(旧姓・松澤)初穂。家族は妻と3女。義父は元三菱銀行会長の田実渉。

アスリートの両親の血を受けたためか、定彦自身も中学校から大学までテニス選手として活躍し[3] 、1957年(昭和32年)には早稲田大学で同期だった広瀬均(後にデビスカップ日本代表選手、監督)とのコンビで全日本ジュニアテニス選手権男子ダブルスで優勝している[4]

略歴[編集]

社長会見でのエピソード[編集]

  • 月1回のペース(年9 - 10回)で行われる社長定例会見では、歯に衣着せぬ大胆発言をすることで有名。数あるキー局の定例会見の中でも記者の出席率が高く、その言動が注目された。
  • 2001年、社長就任会見で、モーニング娘。ファンを表明。
  • 2005年10月 - 楽天TBSに経営統合を提案していることについて「エイリアンみたいな存在だと(提案を)断らざるを得ない」と提案を拒否するように求めた。
  • 2006年6月 - 同年からホームゲームの中継を開始した巨人戦中継の放送権料を「放送時の順位によって放映権料を増減する制度にするべき」と提唱する。
  • 2007年1月 - 関西テレビの「発掘!あるある大事典II」でのデータ捏造問題を巡って、キー局のフジテレビに対して「放送した以上、何らかの説明責任がある」と述べ、フジの対応を批判した。
  • 2007年5月 - 2011年の地上デジタル放送全面移行後のネットワーク拡大構想を明らかにし、その中で宮城県広島県への新局開局、静岡県への新局開局もしくはテレビ愛知の放送エリア拡大、テレビ大阪の放送エリアを現在の大阪府域から京都府兵庫県にまで拡大することを目指すと表明した(テレビ大阪の項も参照)。

脚注[編集]

  1. ^ 『水の松澤孃結婚』東京朝日新聞 1937年12月7日夕刊 2面
  2. ^ 相撲:闘いぶり物語る「綱」 第十二代学生横綱・菅谷さんの遺品、母校・同志社大に寄贈 /京都 毎日新聞京都版 2012年2月14日付
  3. ^ 『グリーン交悠録 ゴルフも人生もベストを尽くすこと 手を抜かず真摯にプレーを』菅谷定彦氏 月刊公論 2015年3月号 84-86頁
  4. ^ 全日本ジュニアテニス選手権歴代優勝者(昭和3年 - 昭和48年) (PDF) 日本テニス協会

外部リンク[編集]