衣笠駿雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衣笠 駿雄
生誕 1915年2月23日
日本の旗 日本 兵庫県
死没 2007年2月11日(満91歳没)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1936 - 1945(日本陸軍)
1951 - 1973(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―少佐.svg 陸軍少佐(日本陸軍)
JGSDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる陸将(陸自)
テンプレートを表示

衣笠 駿雄(きぬがさ はやお、1915年大正4年)2月23日 - 2007年平成19年)2月11日)は、日本陸軍軍人陸上自衛官。最終階級は日本陸軍では陸軍少佐、陸自では統合幕僚会議議長たる陸将。第8代陸上幕僚長、第6代統合幕僚会議議長

人物像[編集]

陸軍中佐衣笠寛の長男で、陸軍士官学校48期、陸軍大学校55期恩賜の軍刀組でもある、陸士卒業時の兵科航空兵航空軍航空総軍参謀などを歴任。

戦後は自衛隊の創設期に入隊、直後に戦時中は「空の神兵」と謳われた帝国陸軍挺進団(陸軍落下傘部隊)の元隊員達とともに(但し、第1次研究員は落下傘降下未経験者であった)、落下傘降下の研究を開始(初代空挺教育隊隊長)。第1空挺団の創設に尽力し、同空挺団の初代団長となる。なお、息子の衣笠陽雄も第1空挺団長(第18代・最終官職:第4師団長)を歴任した。

のちは第6管区総監部幕僚長(現:第6師団長)、陸上自衛隊航空学校長兼明野駐とん地司令第3師団長、陸上幕僚副長などを歴任し、第8代陸上幕僚長および第6代統合幕僚会議議長に就任した。

略歴[編集]

7月:臨時空挺練習隊を創設
8月:臨時空挺練習隊から空挺教育隊に改称、同隊隊長心得
10月:習志野駐とん地に移駐
12月:同駐とん地司令兼務
2月:1等陸佐に昇任
3月:空挺教育隊長心得から同隊隊長となる(兼習志野駐とん地司令)
6月:第1空挺団編成完結。初代団長となる(兼習志野駐とん地司令)
8月:陸上幕僚監部第3部(現在の防衛部)研究班長
  • 1959年(昭和34年)9月:陸上幕僚監部第3部付
  • 1960年(昭和35年)8月:第6管区総監部幕僚長
  • 1962年(昭和37年)8月1日:陸上自衛隊航空学校長兼明野駐とん地司令
  • 1963年(昭和38年)1月1日:陸将補に昇任
11月16日:陸上幕僚監部第4部(現在の装備部)航空課長
  • 1966年(昭和41年)7月1日:陸上幕僚監部第3部長
  • 1966年(昭和41年)3月14日:第3師団長に就任、3月16日陸将昇任
  • 1969年(昭和44年)7月1日:陸上幕僚副長
  • 1970年(昭和45年)7月1日:第8代陸上幕僚長に就任
  • 1971年(昭和46年)7月1日:第6代統合幕僚会議議長に就任
  • 1973年(昭和48年)1月31日:退官
  • 1985年(昭和60年)4月29日:勲二等瑞宝章受章[1]
  • 2007年(平成19年)2月11日:心不全のため死去(享年91)、叙・正四位[2]

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1985年4月29日

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外第51号(昭和60年4月30日)
  2. ^ 『官報』本紙第4546号(平成19年3月20日)